上手く付き合おう!年子の子育てとママ友作り | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

images (36)

~ママ友との上手な付き合い方~

年子の子供を育てる中で、どうママ友と関わっていくのかは大切かもしれません。

年子に対して人それぞれ感じ方は違うでしょうし、年子に良い思いを抱いている人も悪い思いを抱いている人も考え方は様々だからです。

かといって、これは相手に限らず、自分自身がどうママ友と付き合っていくのかも重要になります。

年子だからと大変さをアピールすることは、あまり良くはないと思います。

それは年子ということが大変ということは、十分に分かった上での出産だったのではないか?と周りからは思われても仕方ないからです。

楽しそうに育児していれば、周りからは一人で頑張っているねと逆に褒められたりもします。

自分自身がどのように子育てをしているかによって、周りの目も変わってくることは言えます。

実際に私のママ友は年子だからと言って仲間外れにしたりする人はいません。

逆に年子だからと、色々と手伝ってくれる人もいます。

~色々なママとまずは広く浅く話すのがおススメです~

年子のママ友付き合いも、考えれば考えるだけ悪い方向に感じてしまうので、広く浅くまずは色々な方と話をしてみるといいかもしれません。

中には一人の子供に対して、すごく神経質に子育てしていらっしゃる方もいます。

そういう方からしたら、年子の子育ては大雑把な育児に見えてしまうかもしれません。

しかしながらこれは育児になれてきたこともありますし、年子には年子なりの育児方法があるということを理解してもらう必要があります。

~ママ友と子育てを共有することで、プラスになる事も多いです~

女同士の派閥などあるかもしれませんが、グループに属さなくても自分の信頼できる人をママ友として選ぶことが自分の育児にもプラスになると思います。

同じ年子を育てているママや、上や下の子供と同じママ友を持つことで共有できる情報なども多くあります。

しっかりと自分自身でママ友選びをし、良い付き合いをしていくことで女性特有の派閥も避けられるのではないでしょうか?

大人になってからの友達作りは何かと難しいかもしれませんが、しっかりと自分の中で選択して付き合いをしていってほしいです。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ