年子育児の4つのマイナスイメージに対して経験者が答えます | 共働き、年子のママの為の子育て情報局 

ダウンロード

~年子のイメージは?~

年子に対して色々とイメージがあると思います。

大変、母体に負担がかかる、子供が可愛そう育児が一気に終わるなど人それぞれ感じています。

そうしたイメージの強いものに対して紹介していきます。

① 大変

確かに年子の育児は大変です。

赤ちゃんが二人いることと変わらなく、歩き出したりすれば行く方向は二人ともバラバラです。

公園に連れて行くことさえ怖いと思ってしまいます。

しかし、大変であっても良いこともあるのでメリットをしっかりと考えてみてください。

② 母体に負担がかかる

年子を妊娠すると、通常の妊娠よりは子宮破裂のリスクが高くなると言われています。

しかしながら、双子の妊娠などに比べると比べものにならないくらいですので、母体に負担がかかると言ってもそこまでのリスクはないと言えます。

ただ、産後にゆっくりと子宮を休ませないままの妊娠になりますので、子育てをしてということを考えると通常よりは疲労なども溜まりやすくなると思います。

③ 子供が可愛そう

年子でよく思われることは「上の子」に対してです。

甘えたい時期であるのに、下が生まれたがために、甘えられなくなるということが考えられているようです。

しかしながら、親は子供を可愛がっています。

イメージではそう思われないこともありますが、どちらの子供に対しても親はしっかりと目を向けているということを理解して頂きたいですね。

確かに下の子に時間がとられることもありますが、下の子が寝ている時間などを利用してしっかりと相手していることは十分考えられます。

④ 育児が一気に終わる

赤ちゃんを二人育てていることと同じですので、一緒に成長していることと同じです。

こうしたことを考えますと育児はほとんど同時に終わることが考えられます。

下の子は上の子をまねて色々と吸収して覚えていきますし、上の子に教えることも下の子にも同時に教えていることと同じですので、そうした意味で一気に終わると考えられます。

ある意味一気に終わってしまうので、寂しい部分はありますが、大変な時期が一気に終わることは親にとっての負担が減るので良いことですね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ