危険を回避!年子の子育てとベビーベッドの必要性 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

images (28)

~年子の子育てで、ベビーベットは必要?~

二人目の子供を授かった時に考えることは色々ありますが、ベビーベットはどうしているのでしょうか?

もちろん家庭の状況によって違うとは思いますが、大半の家庭ではベビーベットを準備する家庭が多いようです。

これはやんちゃになりつつある上の子から、しっかり赤ちゃんを守る必要があるからです。

一度歩き始めたら本当に歩くことが楽しいかのように歩き回ります。

~安全性の面で、ベット活用はおススメで~

下の子を床で寝かせておくことは、踏んでしまうという危険が多く伴うためベビーベットで寝かせておく必要があるのです。

日中は家事などもすることがあるため、子供から目を離すことも少なからずあるはずなのでこういう状況を考えると、ベビーベットで守られるということは大きいと思います。

しかしながら、ベビーベットも普通に活用しておくだけでは子供の手が入ってしまうこともありますので、しっかりと手が入らないようにサークルなどを設けておく必要もあります。

わざわざ買わなくても、家にあるクッションや枕などで代用することは十分可能です。

また、ベビーベットを活用すると寝かしつけの時などに便利です。

ベビーベットに先に下の子を寝かせておけば、上の子を寝かしつけるだけでいいので便利です。

またベビーベットは移動式なので上の子と離して寝かせることも出来るので、下の子が上の子の声で起きるということも回避することが出来ます

~レンタルのするのもいいですね~

しかしながら、こうしてベビーベットを使えることも半年くらいまでです。

確かにベビーベットがあれば便利ですが、成長の段階でベビーベットにずっといさせることは行動範囲が限られます。

日中の時間があるときなどは、しっかりと寝返りやずりバイなどさせる機会を作ってあげ上の子にも下の子と関わる機会を与えてあげることで、上の子も下の子を同じ対象としてみることができます。

経済的にも苦しいときはレンタルなどもあるので、状況と判断して決断すると良いと思います。

少しの間しか使う機会はないということは確かですので良い物を買うことよりは、利便性を考えて購入やレンタルする方が良いと思います。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ