年子の育児をしながらフルタイムで働く為の3つのコツ | 共働き、年子のママの為の子育て情報局as

年子の子供がいながらにして、フルタイムでの仕事をされる方がいます。

そうした方の生活スタイルやコツについて紹介します。

① 家事は時間短縮

フルタイムで働いていると、今まで日中にしていたことができなくなり、家事は仕事が終わってからということになります。

限られた時間で、家事をこなすためには手際よく行う必要もあります。

特に料理の時間は削りたいので、できるだけ調理時間の少ないものを作るようにします。

また、夜のうちにお弁当を仕込んでおくことや、朝ごはんの下準備をしているだけで朝の時間は有効に使えます。

また、洗濯なども夜に干しておけば、朝に外に出すだけで済むので、朝に慌てて行う必要もなくなります。

ちょっと、いつもとスタイルを変えるだけで家事がグンと楽になりますので、夜の時間を有効活用してみてください。

② 子供との時間

フルタイムで働いているとどうしても子供との触れ合う時間がなくなります

帰宅してすぐに、洗濯を入れることや晩御飯の支度に追われ、あっという間に時間はなくなります。

時間がないからこそ、一緒に入れる時間は大切にしてほしいのですが、特にご飯の時は精一杯構ってあげること、またお風呂も今までよりは長く入ることでコミュニケーションが取れます。

できるだけテレビをつけずに生活することも話す機会を広げることに繋がりますので、そうした工夫をしてみてください。

寝る前には、しっかりと抱きしめてあげることやマッサージしてあげることにより子供は安心できます。

子供も親がいない中で、日中頑張っているので、せめてできることだけでもしてあげてくださいね。

③ メリハリのある生活

平日はどうしても仕事が優先になってしまいます。

そうした中で、なかなか子供との時間を作ることができないため、土日の休みはしっかりと家庭のモードに切り替えましょう

仕事ももちろん大切ですが、子供が親を必要としているのも、充分理解してあげる必要があります。

公園に行くだけでも子供は喜びますので、土日は完全に仕事モードのスイッチは切って子供との時間にあててくださいね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ