【私の出産体験談】実はやばかったかも!?笑い話にできて良かった!私の初産 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局bsYOU_DSC_0834

とても順調だった初産だけど・・・

私の出産は初産ではありましたがまことに順調でした。

元々が丈夫な体質で、しかも貧乏だったので臨月まで働いていたのも良かったのかもしれません。

実は、妊娠してから決まった職場でした。

よく見つかると思うでしょう?

妊娠9か月の人を雇ってくれる職場があったのですよ。

学習塾の清掃でした。

ある時、お使いで参考書を買いに行って欲しいと頼まれました。

都心まで出かけて行きましたが、これが重いのです。

しかし私は丈夫だったのでなんとかなりました

その翌日は旧友と食事をすることになっていました。

なんだかね、変な感じがしたんですよ。

まるで火山爆発の前兆のような感覚でした。

しかし遊びにいきたい!

そもそも予定日は5月5日で、今日は4月12日なのです。

初産だし、まさかね・・・と思って出かけました。

ところが、池袋の居酒屋でトイレに行ったら尋常ではない水分が出てくるではありませんか。

これが膀胱から出たとはとても思えません。

もしかしたら破水!?

と思いながらも、独身の友人に告げることもなく帰宅しました。

しかし、これがまさしく破水だったのです。

お腹の痛みもあったのでかかりつけの産院に入りました。

その後、2時間足らずで生まれてしまいました

私の初産、もしかしたら笑って済ませられなかったかも・・・

あまりのスピード出産に、

軽いお産で良かったね

と言う人がいますが、冗談ではありません。

実は息子は飲み会の挙句に生まれたなんて大きな声では言えません。

しかし事実なのです。

この話をするとみんな笑います。

でも、実のところ、結構やばかったのかもしれない・・・と今は思います


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ