働くママの子供との時間 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局大道芸のはじまり

働くママの子供との時間 : 保育園に預けて仕事をしていると、当然子供と接する時間は、そうでないママよりも断然少ないです。

子供は愛情に飢えていないか、寂しい思いをしていないか、働くママは常に不安だと思います。

私も常に不安でした。

そして自分がしてきたことははたして正解だったのか、いまだにわかりません。

私が子供にしてきたことは、土日のお休みのどちらかは出かけるということ。

一緒に手を繋いで、映画を見たりご飯を食べに行ったり。

あとはDVDを借りて一緒に見たり、私の友達と会わせたりと、なるべくいろんなことをさせようと思いました。

ですが旦那と休みが合わないので旅行など行けないし、私が平日に有休をとってどこかに行かない限り、家族のおでかけというものがありませんでした

そこは子供にとってどうだったのかなといまだに悩みます

また、日々の過ごし方も、夜7時に帰宅してご飯を食べてお風呂にはいり、ちょっと休憩して寝るというスタイルです。

働くママの子供との時間 : 一緒にいれるのは3~4時間。

仕事帰りは疲れているし遊ぶという感じにはなりません。

絵本も読んであげれていませんでした。

子供がいながら働くということは、こうゆうことです。

(私は特にうまくできていなかったですが、、、)

常に仕事に追われ、子供との時間が少なく、様々な不安が付きまといます。

将来のためにお金は必要ですが、何が正解かわからない毎日を送っていました。

こうしてフルタイムで働く主婦を、世間は子供がかわいそうだ、なんて無神経なことを言います。

ですがまた専業主婦だと、だらけている、ニート、寄生虫だなんてことも言われます。

女性は本当に何をしても批判をされます。

本当に子育てしづらい国だと思います。

だからこそ、自分のために、自分が選んだ道を進んでほしいと思います。

働く主婦も、専業主婦も、みんな手探りです。

何が正解かわかりませんが、後悔だけはしないように、その時を全力で生きようと思います。

不安は常に付きまといますが、全力で生きたらきっと後悔はないはずと信じています。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ