旦那と育児家事について | 共働き、年子のママの為の子育て情報局公園水道2

旦那と育児家事について : 子供は夫婦二人で育てるもの。

家事は夫婦二人で分担するもの。

上記のことは、なかなかうまくいかないご家庭が多いかと思います。

家のことは女が、、、なんて古い風習だと思いますが、それは実際現在にも受け継がれていたりもします。

なんとも酷い、なぜ女が、と思いますよね。

そこは女がうまく旦那を操縦しないと!なんてことも言われますが、私から言わせたらなぜ女が操縦しないと男は動かないんだ!と思います。

でもしょうがないのです、動かない旦那ならば、動くように仕向けないと自分が大変だから。

賢く可愛く旦那を操縦しましょう。

そう言う私は、うまく操縦できなかったうちの一人です。

ですがもともと旦那はよく手伝ってくれていました。

休みの日は買い物に行ってくれるし、ご飯も作ってくれるし、食器洗いもしてくれていました。

息子のお迎えにも行ってくれるし、可愛がってくれる。

旦那と育児家事について :  ですが、私がどうしても頼めなかったことがあります。

それは、子供のお見送りです。

私の旦那はサービス業のため平日休みです。

仕事のある日は朝10時~夜中まで家にいません。

平日の休みの時に、子供を保育園に預けたり、子供の面倒を見たりするのは当たり前だと思います。

むしろ休みなのに子供預けるの?!私は土日休みで、子供と一緒だよ?!なんて批判もあると思います。

ですが私は強く言えず、いつも疲れているから、家のこともしてくれるから、、、

なので休みの日くらいゆっくり寝かしてあげてもいいのでは?と思っていました。

旦那と育児家事について : 今となってはこれがいいのか悪いのかわかりません。

ですが例えば、平日休みの時、子供を見てくれるということは、私は朝のお見送りをしないで済むわけです。

よって出勤時間を少し遅らせてのんびりできるというわけです。

些細な時間ですが、朝のこの些細な時間は貴重です。

それが仕事を退職する3年ほど、旦那に頼むことができませんでした。

今となってやはり些細なことでも夫婦のコミュニケーションは大事だなと感じます。

お互い仕事をしているとなかなか話をするのも難しかったりしますが、今更不満が出てきたり、忘れられなかったりするくらいなら、ちゃんと話し合うべきなのです。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ