【私の出産体験談】夫の口から語られる、出産時の恥ずかしい話 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局ninshin_jintsu

お腹は痛くなったけれど・・・

私が第一子を出産した時の出来事です。

2年前の夏、私は第一子の出産を迎えました。

部屋でのんびりしていたとき、お腹が等間隔で痛くなってきていることに気がつきました。

そこで夫に電話をし、迎えにきてもらって病院へ行きました。

診察の結果、まだまだかかるだろうとのことでしたが、一応入院となりました。

その日の夜、お腹は痛いもののまだいきむというような状態ではありません

痛みに耐えつつ何とかシャワーをあび、その後テレビでアメトークを見ていました。

今でも恥ずかしい・・・

しかし、午前0時を過ぎた頃、いよいよ本陣痛がやってきました

話には聞いていたがこんなに痛いのかと、ただただ

痛い!

を絶叫。

そばにいた夫に、

「お尻!とにかくお尻を押して!」

「もっと強く!お尻!ぎゅっと押して!」

「出ちゃうから!早くお尻!」

「お尻押してぇぇ?!」

と、お尻という言葉を一生分使ったように思います。

とにかくお尻お尻と2時間くらい叫んでいきんだ結果、無事に息子を出産する事が出来ました。

その時は全く気づきもしませんでした。

しかし、後の夫の証言で徐々に思い出してしまい、今でも恥ずかしいなと思ってしまいます。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ