出産前の思い出作りって何をすればいい?おすすめを5つ紹介! | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

出産前の思い出作りって何をすればいい?

出産前に記念になるようなことをしたい妊婦さんが増えていますよね。

そこで、出産前の思い出作りにピッタリなおすすめなことをご紹介します。

出産前にも素敵な思い出作りましょう!

出産前の思い出作り おすすめ5つ

①マタニティフォト

妊娠した時の思い出作りと言えば、やはり写真。

思い切って、お腹を出して、経過を鏡越しに写真を撮り、残しておくのも変化がわかり、人気があります。

また、プロのカメラマンに撮ってもらうため、写真スタジオに行くというのも良いでしょう。

そのスタジオにもよりますが、人気のマタニティペイントを行っている場所もあります。

ぜひ、自分の好きな物を描いたり、赤ちゃんへのメッセージを描いたりしてもらい、記念写真を撮りましょう。

また、夫婦で記念に写真を撮るのも思い出の1つになり、素敵ですよ。

②旦那さんとのデート

旦那さんとのデートは、出産してしまえば、しばらくお預けになることが現実。

旦那さんとゆっくりショッピングしたり、お茶したりなど、2人の時間をゆっくり過ごすことをおすすめします。

赤ちゃんが産まれると、やはり優先順位は、赤ちゃんが1位になるので、2人でお出掛けという発想にも至らない場合が多いもの。

「いつでも出来る」とは思わず、しっかりと、2人の時間を作っておいた方が良いです。

③美容院へ行く

美容院へ行き、ヘアスタイルを好きなようにして、気分転換しましょう。

赤ちゃんが産まれると、好きな髪形にするために、ゆっくりと美容院に行くことも難しいもの。

誰かに預けても、赤ちゃんを思うと、早く帰ってあげなくてはと思ってしまいますからね。

妊娠の思い出の1つとして、今までしたことない髪形などにしてみるのはいかがですか?

④外食をする

妊娠中の食事は、気を付けなくてはならないですが、少しは外食で気分転換も大切。

赤ちゃんが産まれてしまえば、ゆったり外食するということも難しいです。

友達とゆったりランチやディナーに行っておくようにしましょう。

妊婦の思い出…?となるかもしれませんが、ランチやディナーに出掛けると、妊婦の時の姿を友達と写真を撮ったりするもの。

友達との思い出の1つになりますよ。

⑤旅行にいく

16週から27週の間が一番安心なので、旅行に行き、思い出を作りましょう。

赤ちゃんのためのグッズを旅行最中に買うと、思い出を子どもにも伝え、子どもが大きくなってから一緒に行くというのも良いものですね。

旅行に行く場合は、しっかりと、マスク、母子手帳、産院の診察券などは忘れずに。

出産前の思い出作りって何をすればいい?まとめ

妊娠中に思い出をいっぱい作り、やり残しのないようにしましょう!

さらに、ストレスフリーな楽しい妊娠生活を送ることができ、胎教にも良いですよ。

赤ちゃんもお腹の中で、ママが楽しいことをしていると嬉しくなるもの。

もしかすると、お腹の中で話を聞き、覚えているかもしれませんよ。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ