出産時の入院生活ってどんなもの?必要なものは? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

出産時の入院生活ってどんなもの?

出産時の入院生活は未知すぎる!と思うかもしれません。

未知な世界をスッキリ解明し、出産の準備に備えられるようにしましょう。

また、落ち着いた入院生活にするためにもチェックすると良いですよ。

入院生活は?

出産時の入院生活は、普通分娩、帝王切開などの分娩のスタイルで日数が変更します。

普通分娩であれば5日間、帝王切開では8日間と言われています。

また、お母さんが希望すれば、数日の入院延長も可能。

さらに、お母さんや赤ちゃんの体調が思わしくない場合は、入院日数が長くなるでしょう。

だいたい、日々の入院生活の1日のスケジュールは、出産時に告げられます。

各病院でそれぞれ違いますが、起床時間や消灯時間などは、普通の入院生活と変わりません。

もちろん、食事の時間帯も変わりません。

もしも、違うところと言えば、シャワーに入れるか傷口を見て、診断する必要があり、さらには、赤ちゃんを預けられる時間にしか入れないというところ。

あとは、短い日数での退院となるため、1日ごと、赤ちゃんやお母さんに検査をしたり、親せきや家族、友人が面会しに来たりなどすると、あっという間に終わってしまうものです。

入院時必須な物は?

入院時に、必須な物と言えば、下着類、洗面用具、スリッパなどの普通の入院で必要なものばかり。

ただし、娯楽のものを持ってきても、出産してすぐに赤ちゃん中心の生活になるため、ただ、持ち帰ることになります。

娯楽のものがあっても、ママにとって、一番の娯楽は『睡眠』と『休息』

そのため、必須な物と言えば、快眠出来るグッズでしょう。

なかなか、病院の枕などでは寝ずらいなどのママも多いでしょう。

枕を持ってきたり、馴染みのあるタオルケットを持ってきたりなどの対策は必須だと考えられます。

入院時には、赤ちゃんを預けたりも出来る産院もあるので、助産師さんに甘えて、休息や睡眠を取っておきましょう。

出産時の入院生活ってどんなもの?まとめ

入院の時に準備する物は産院によっても違うと思うので、妊娠時に産院に確認し、準備を事前にすることをお忘れなく。

赤ちゃんを出迎える準備にもなりますからね。

安心して迎え入れ、ママの過ごしやすい入院生活にしましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ