出産費用ってどのくらいかかるの?出産育児一時金とは? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

出産の費用は?

妊娠して嬉しいものの、出産となると、いくらぐらいお金がかかるのだろう…と不安に思うプレママも多いのではないでしょうか?

妊娠生活や出産時にお金の不安、悩みがないように、出産時の費用について、確認しておきましょう。

出産費用はどのくらい?

ズバリ!40万円前後と言われています。

そんなに高額な費用が掛かってしまうのか…と思うかもしれませんが、健康保険に入っていれば、大丈夫。

健康保険に加入している場合は、保険から42万円(産院が産科医療保障制度に加入していない場合は39万円)が給付されるのです。

つまり、この出産育児一時金が給付されるため、実質かかる値段は、数万円。

数万円なら、大丈夫!と思っていても、産院の病室を個室にしたり、入院日数を自ら延期したりなどを行うと、数万円が5万円以上と10万円を超してしまいかねないので、ご注意を。

出産育児一時金とは?

健康保険に加入していても、出産育児一時金はどのようにもらい、どのように支払えばいいかわからないと思います。

現在は、出産育児一時金が健康保険から産院に直接支払いが出来る制度が原則となっています。

そのため、申し込みをし、42万円という大金を持って、産院に行かなくてはいけないということはないので、ご安心を。

産院で、出産育児一時金を直接支払いしても良いですよというような内容の申込書を書くことになっているので、入院前である妊婦検診の時などに確認するようにしましょう。

しかし、注意点が1つ。

原則となっているこの制度なのですが、産院によっては、行っていない場合も…。

その際には、最初に自ら40万円前後の費用を支払い、後から、出産育児一時金を申請し、お金をもらうことになります。

「制度があるから大丈夫」と安心するのではなく、産院の制度がどのようになっているのかも、高額ですので、早めに聞き、お金の準備をするようにしましょう。

出産費用についてまとめ

出産と言っても、やはり、入院すること。

さらに、帝王切開となれば、手術です。

いろいろな費用がかかることを忘れずに!

妊婦検診の際に、いろいろなお金の不安も相談しておくといいですよ。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ