私の恥ずかし~いお産体験談!「産後ママは入院中の便秘にご用心!」 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局benpi_geri_woman

お産後の入院中の便秘で困った!

私が第1子を出産後、病院で過ごしていた時のことです。

ここからは少々恥ずかしい話になります。

実は、私は妊娠後期に入ってから便秘気味でした。

いざ陣痛が始まったのはいいのですが、前日に便が出ていませんでした。

陣痛の間隔はどんどん短くなり、お産に向けて病院入りしました。

助産師さんからは、

「陣痛の合間に便が出るようなら出してきてくださいね」

と言われていました。

しかし、これから始まるお産の緊張からか全く出ませんでした。

最後に便を出したのは、2日前のこと。

少しだったしヤバいなあとは思いながらも、陣痛に耐えるのに必死で正直それどころではありませんでした。

お産には23時間もかかってしまいました。

子供が産まれた後も、普通通り食事をしているのに全く便が出る気配がありません

経膣分娩だったので会陰の傷も怖かったこと、また母乳で水分が持っていかれてしまっていたことも影響していたようです。

そのため、なおさら便が出なくなってしまっていたようでした。

そして、入院4日目になりました。

さすがにこれはマズイと思い、少し便意がきたのでトイレに入って出そうとしました。

ところが、便は出そうで出てきません

諦めて病室に戻ろうかとも思ったのですが、これは出したほうがいいレベルの肛門の具合でした。

また、今出しておかないと本当にマズイと思い、私はしばらく粘ってみることにしました。

そうはいってもやはり会陰の傷が気になり、思うように踏ん張れません。

出そうで出ない、そんな状態をトイレで1時間過ごしました。

そのうち、気がついたら立ち上がれなくなってしまっていました

やむを得ず、トイレからナースコールをしました。

不運にも、助産師さんや看護師さんが少ない時間帯だったのか、しばらく誰も来てもらえませんでした。

このままお尻出したまま倒れるわけにはと思いつつ、しばらくナースコールを押しては待つ・・・を繰り返していました。

そして、ようやく一人の助産師さんが来てくれました。

彼女は、お産の介助中だったらしくて、着ている白衣は血まみれでした。

そんな重大な時にこんなことで呼んでしまって申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

その後、恥ずかしい話ですが、私はトイレ内でお尻を突き出し、助産師さんに便をかき出してもらったのでした。

こんな事態を避けるためにはどうする?

助産師さんは、嫌がらず

「慣れてるので大丈夫ですよ」

と言ってくれて安心しました。

しかし、できればこのような事態は避けたいものです。

私の経験からもわかるように、産後の便秘にはかなり注意が必要です。

お茶やスープなどでいつも以上に意識してとにかくマメにたくさん水分を取ることをおすすめします!


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ