お産のときに起きたちょっと恥ずかしい体験談!「ナースコールを間違えちゃった!」 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局medical_nurse_call_button

ナースコールをしていたつもりが・・・

初めての妊娠で出産に関してはいろいろと不安がありました。

しかも予定日が過ぎているのになかなか陣痛もやってきませんでした。

看護婦さんの勧めで妊娠促進剤を飲むことになりました。

看護婦さんは

「お腹が痛くなったらナースコールを押してくださいね。」

と言って部屋を出ていきました。

しかし、薬を服用してしばらくしたってもなかなか陣痛はやってきません

安心した私は少し寝ることにしました。

そのとたん、急にお腹が痛くなってきました。

私は看護婦さんが言ったとおり、ナースコールのボタンを押しました。

でもいくら押しても看護婦さんの返答はありません

おかしいなあと思ってボタンをよく見ると、なんとそれはただの照明のスイッチだったのです。

まさか自分がナースコールと照明のスイッチを間違えているとは思いもしませんでした。

あまりに面白くて思わず笑ってしまいました。

ナースコールを間違えたおかげで・・・

思いっきり笑ってしまったら、さらにお腹が痛くなってきました。

どうやら本格的に陣痛がやってきたようでした。

今でも何であの時ナースコールを間違えてしまったのか不思議でたまりません

でもそのおかげで緊張がすっかり解けたみたいで、とても自然に陣痛がきて無事に安産で出産することが出来ました。

今ではいい思い出です。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ