妊婦さんの不眠の理由と不眠解消法について | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

妊婦さんはどうして不眠になるの?

妊娠すると、不眠になるという話を聞いたことはありますか?

ずばり!

妊婦さんは不眠になります。

睡眠不足になったりして、辛そう…と思うかもしれませんが、しっかりと理由があります。

もちろん、理由だけではなく、しっかりと、解消法についてもご紹介します!

妊婦さんの不眠の理由は?

不眠の理由は、ホルモンバランスの影響です。

妊娠してすぐに不眠になってしまうのは、「プロゲステロン」というホルモンの影響。

このホルモンは、身体のだるさ、頭痛を起こしやすくなります。

そのため、寝づらくなってしまうのです。

さらに、妊娠後期には、「エストロゲン」というホルモンの影響が関わってきます。

このホルモンは、深い眠りにつかないようにするホルモンなのです。

睡眠不足は良くないことなのに…どうして!?と思う妊婦さんも多いと思いますが、それは、子育てをする準備のためと言われています。

赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんの睡眠リズムは、3時間ごとやそれよりも短いもの。

それに合わせて、ミルクや母乳をあげたり、オムツを替えたりしなくてはいけません。

このリズムは、昼間だけではなく、夜間も同じように起こること。

つまり、夜、深い眠りについてしまっては、赤ちゃんは泣きっぱなしでひきつけを起こしてしまう可能性もあります。

それは、恐ろしいこと…。

そんな恐ろしいことにならないようにするため、妊娠中から浅い睡眠で睡眠リズムを変え、赤ちゃんとの生活に入れるようにすると言われています。

妊婦さんの不眠解消法

準備期間か~と少しは納得するかもしれませんが、ずっと眠れないのでは、毎日が辛いですよね…。

少しでも、不眠を解消できるような方法をご紹介します。

①足湯をする

家で足湯をするなんて、難しい…と思うかもしれませんが、100均で道具はそろいます。

まずは、洗面器(大きめ)を準備します。

さらに、アロマオイルも準備しましょう。

もちろん、妊婦さん自身が好きなにおいで。

このアロマオイルも100均で買うことが出来ますよ。

そして、42℃くらいのお湯を洗面器に入れ、1、2滴アロマオイルを入れ、足を入れます。

ソファなどに腰をかけながらすると楽ですね。

そして、足湯をしながら、読書をします。

決して、パソコンやテレビ、携帯は見ないように。

ブルーライトを見てしまうと、眠りにつくことから遠ざかります。

読書をして、落ち着いた気持ちになるように好きな音楽を聴くこともおすすめです。

②思い切って起きる

何をしても寝付けない!と思った時には、起きましょう!

「寝れなかったら、寝不足で、赤ちゃんに影響があるかも…」などと不安要素があると、逆にストレスになり、もっと不眠に陥ってしまいます。

そこで、ストレスを溜めるのではなく、思い切って起きてしまいましょう!

ストレスフリーになる方法を優先することが大切。

読書をしたり、軽いストレッチをしたり、足湯をしたりと、気分転換するようにしましょう。

そして、眠くなった時に寝るようにしましょう。

夜寝れなかったら、少しお昼寝しようという考えをもち、睡眠に対する気持ちにゆとりを持つようにしましょう。

妊婦さんの不眠の理由と不眠解消法についてまとめ

誰にでも当てはまる睡眠解消方法はありません。

いろいろな解消法を試し、自分に合ったものを続けてみましょう。

ストレスフリーな素敵なマタニティライフを過ごしてくださいね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ