【妊娠中の幸せ体験談】大きなお腹がこっつんこで笑顔がいっぱい! | 共働き、年子のママの為の子育て情報局ninpu_onaka

妊娠中に起きた、笑顔溢れる幸せ体験

私が妊婦だった時の話です。

少しずつお腹が大きくなり、狭いところへ入るのが大変になってきました。

自分でもお腹の大きさに慣れていないので、突っかかることが多くなりました。

仕事にも影響が出てきてしまいそうなので、早めに産休を頂くことにしました。

私は里帰り出産を予定していました。

そのため、早めに実家へ行き、家事などのお手伝いをしながらの生活が始まりました。

お母さんと二人で台所に立つのはどのくらいぶりでしょうか。

ウキウキで二人で料理を作っていました。

お母さんは少し太ったようで3ヶ月の赤ちゃんがいるのではないかと思うくらいお腹がプックリとしていました。

実家の台所は広いのですが、妊婦の私と妊婦もどきの母が入るとさすがに狭くなってしまいます。

そこで事件は起きました。

たまたま私がお母さんの後ろを通ろうとしたらお母さんも振り向き、2人のお腹がこっつんこ!

私の自分の幅知らずはもちろんのこと、お母さんは妊婦では無いのにお腹がつっかえるという事態。

見事な2人のタックルにその場でお腹を抱え込んでの大爆笑となりました。

そのあとにも気をつけていたのに、今度はお尻とお尻がこっつんこ!

まさかの2度も起こってしまったミラクルにどうにも笑いが止まりませんでした。

お腹が大きいって、笑顔が増えて幸せですね!


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ