悪化?改善?産後の体質変化 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

 images

~産後に体質が変化~

妊娠出産を経て、体質が変化することがあります。

私も妊娠中から産後に、妊娠前に通院治療中だった慢性じんましんが治ったり生理痛が軽減されたり、逆に花粉症や酷い頭痛になるようになりました。

私の知人では、汗をかきやすくなり痩せやすい体質になったという人や、乾燥肌が治ったという人もいました。

このように、体質が変化する原因は、妊娠中にホルモンバランスや代謝が変化することで、引き起こされる一時的なものだとも言われています。

その変化は人によって様々で、アレルギーの軽減や体調が良くなったり、逆に悪くなったりすることが多いようです。

アレルギーや体調が、良くなることはとても喜ばしいですが、体調不良が増えてしまうのは生活に大きく影響し困ることも多いです。

そして私のように、妊娠出産する前は無かった頭痛が、頻繁に起こるようになったという人は、割と多いようです。

~産後は、規則正しい生活と栄養を取りましょう~

私の場合、産後初めて経験した頭痛は、吐き気をもよおす程の強い頭痛で、今では頭痛薬が手放せなくなって、いつどこへ行くにも必ず持ち歩いています。

生理前などは、特にちょっとした疲れや生活リズムの乱れで頭痛になるので、家事や仕事をするのも困難になることがあります。

生理痛が、軽減したのは良かったですが、その代わり頭痛になることが多くなり、その度生活に支障をきたしています。

また、妊娠出産後は抵抗力や免疫力が落ちて、風邪をひきやすくなるなど体調不良が続くこともあるようです。

微熱が続いたり、なかなか咳が治らないといったこともあります。

私は産後に、風邪から副鼻腔炎になってしまい、顔面と歯に痛みを覚え、耳鼻科に通ったこともあります。

~さいごに~

産後は、子供から病気を貰うこともあるので、気を付ける必要があります。

今までは、かかったことがないような病気になったり、育児をしながらの治療は結構ハードです。

どちらにしても、日頃から規則正しい生活をし十分な栄養を摂り、免疫力や抵抗力をつけることと自律神経のバランスを整えることは必要です。

妊娠出産後はそういったことが今まで以上に必要になるということかもしれません。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ