【私の出産体験談】想定外!出産時の痛みより痛いアレ!? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局yjimagebbb

出産の痛みを乗り越えるために・・・

昨年、第一子を出産したママです。

結婚5年目にして発覚した妊娠でした。

それはそれはうれしい出来事でした。

あまりにうれしくて、ネットで出産に必要なものを調べて準備万端整えました。

出産の際の痛みについても調べました。

まぁどうやっても絶対痛くないわけはありません

ですから、どうしたら和らげる事ができるのかを考えました。

わたしが実践したのは

「痛くない、痛くない」

と言い聞かせる自己催眠でした。

あとは陣痛時計アプリをつけることです。

陣痛も数時間続きました。

でも、アプリに痛みの間隔を記載しなきゃという、なんだか変な義務感から長い陣痛もあっという間でした。

それから、いざ出産へ。

分娩室で

「痛くない、痛くない」

と何度も何度も叫んでいました。

たまに

「やっぱり痛い」

と叫んだのも覚えています。

でもね、やはり我が子を見たら出産の痛みなんて吹き飛んでしまう、とよく言われているのは本当だなと思いました。

出産の痛みを乗り越えた後に待っていたのは・・・

しかし、痛みとの戦いはこれからだったんです。

それは・・・

準備万端だった私も痔について何も調べていませんでした。

結局、数週間苦しめられました。

だって歩けないんです。痛くて痛くて。

産後、先生に傷跡について聞かれました。

しかし、私は痔の痛みを訴えてばかりでした。

授乳が終わればネットで痔について調べる毎日。あっという間の入院生活でした。

今思っても出産時より痔の痛みの方が辛かったです。

退院時には治ってましたが、重症な人は手術も必要らしいですね。

まさか自分が痔になり、痔の知識が豊富な人間になるとは思いもしませんでした。

私の初めての出産は痛みに痛みと共にありました。

でも、冒頭に第一子と書いたように、来年頃には我が子に兄弟を作ってあげたいなと思っています。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ