親が上手に勇気づけることができれば、子どもはどんどん成長する | 共働き、年子のママの為の子育て情報局hahako_girl

子どもはどんなときでも「勇気づけられる」ことで成長する

子どもは、つらいときや悲しいときに親に「勇気づけられること」で成長していきます。

それは、子どもは絶えず自分に愛情を注いでくれる人を必要としているからです。

子どもは親に「勇気づけられる」と自分の本当の気持ちを話すようになりまです。

また、親に勇気づけられたり、愛されて育った子どもは他人に厳しい意見を浴びせたりはしません

そして、勇気づけられることで子どもの考え方が積極的になっていきます

要は、自分に愛情を注いでくれた人の期待に沿うように、子どもは努力していけるように成長していくのです。

子どもの心を受け入れて穏やかな時間を与えることができるのが勇気づけることに優れた親

本来、人が生きるというこは相手に自発的に働きかけたり、相手に配慮して社会と関わっていくことを差します。

そうして、人はゆとりある生活を営むことができるようになっていくのです。

しかし、子どもの心を汲みとることなくして言葉だけで

「大丈夫だよ。やればできる」

などと親に勇気づけられた場合は子どもは非常にしゃくにさわるのです。

「勇気づけることに優れた親」は子どもに静かで平穏無事な時間を与えることができます。

子どもが悲痛な面持ちの時は、静かに抱き寄せます。

子どもが苦しいときは、料理で心を癒してあげるのです。

子どもの心が、うきうき楽しいときは、何度もその喜びを反復して見せるのです。

親が喜びを反復して見せることで、やる気をなくしていた子どもが元気を回復していくことが出来るかもしれません。

限りなく喜びを反復して見せることで、子どもはたいへん満足が得られるのです。

まずは親が満足しているかどうか、が子育てには重要

そうは言っても、親が不安な気持ちを抱えていると子どもはまっすぐには育ちません。

そんな時は、自分の中に不安や憎悪や焦燥感はないか、内観してみることが必要です。

親が自分の中に不安な感情を抱えていると、今度は子どもを利用して自分の不安感を打ち消そうとしていくのです。

そうなると、子育ては親の内面をいつもみつめることが、とても大切なことになってくるのです。

いずれにしても、親が満足しているかどうかで子育てに影響してくるのです。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ