どうして安らげない子どもになってしまうのか?その原因は子どもに向かう親の感情にあった | 共働き、年子のママの為の子育て情報局大道芸のはじまり

 

安らげない子どもの向こう側には苛立ちをコントロールできない親がいる

安らぎの時間を、持つことが出来ない子どもは、行動することで、気掛かりな事や、心の葛藤をかき消そうしています。

子どもに、お菓子などの糖分をあげすぎたり、余計な干渉をする親に育てられると、穏やかでいられない子どもに育ちます。

しかしながら、余計な干渉をする親はというと、子どもが理由で、苛立っているわけではないのです。

苛立ちの感情は、事実から逃避している親に本当の理由があるのです。

それは、つらいこと怖いことが、溜まりに溜まってしまい、どうしようもなくなった感情がさせるものでもあります。

もう今の自分では、「片付けられない」とか、「せかされてイヤだ」といった類の感情です。

そのように、溜まっていた感情を子どもに当てて、解決しようとしていたのです。

このような、親のエゴイスティックな感情が、「家で安らげない子ども」にしているのです。

こういった感情を抱える親は、何をすればいいのでしょうか?

焦りが苛立ちを生む

まず親は、焦らないことです。今悩んでいることを、早急に片づけようとしないことです。

そのわけは、親が「何がなんでも、片付けよう」と思うことで、恐れが広がって、苛立ちの感情になるからです。

それには、親が自分の心を確立することです。親は決意を固めて、志をもつことです。

「なんとかなるわ」という、ふてぶてしい態度をとることも、ときどきは、いいでしょう。

そして、今の時間、今日一日を、大切に生きることです。

それでも、苛立つ感情があるならば、それは、「今出てきた感情ではない」と、確認してみてください。

というのは、大概が子どもの時期から、気付かない間に重なりあってきた、心の問題なのです。

ですから、あまり行動せずに、干渉しないことです。そして、今日一日を、子どもと楽しく過ごしてください。

とは言っても、親もいきなりこのようにするのは、難しいものです。

そのような時には、「この子にとって、私が元気でいることが幸せなんだ」と思うようにしましょう。

親が元気なのは、子どももうれしいからです。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ

関連記事