子どもにしつけをする必要性 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

5

~しつけは、子どもの未来のために~

しつけって、面倒だし、子どもも言うこと聞かないし、なかなか評価されないし、「どうしてこんな大変なことをしなくちゃいけないの」、そう思う親はたくさんいるかもしれませんね。

子どもが大人になっても困らないようにするのが、しつけです。 親元を離れ、社会で生きていく術を教えているのです。

例えば、あいさつだって、そのひとつ。

会社であいさつをしない人に会ったら、この人は常識がないんじゃないの、と思ったりしませんか。

それとは逆に、さわやかにあいさつをする人を見たら好印象をもつ方が多いはず。

直接仕事に関係していなくても、気持ちの良いあいさつをする人の方が、人間関係に悩まされることは少なくなります。

自分の子どもが将来どちらになるかは、幼い頃からの、しつけ次第だといえるでしょう。

子どもが幼い方が、柔軟になんでも吸収しやすいのは事実です。

短期間で驚くほどの成長を遂げる我が子の姿を見ていれば、納得がいくのではないでしょうか。

生活習慣にしても、はじめが肝心です。

夜更かしのクセがついてしまったら、直すのが大変になってしまいます。

~鉄は熱いうちに~

鉄は熱いうちに打て、ともよく言いますよね。

子どものころからの習慣づけがあれば、大人になって多少生活リズムが崩れたとしても、比較的簡単に持ち直すことができます。

 規則正しい生活習慣を身につけ、健康に生きるために親ができることが、しつけです。

 子どもの未来のために、今できることなので、面倒であっても続けていきましょう。

~次の世代につながる意識で~

子どもにしつけた内容は、孫にも伝わっていきます。 子どもが将来親になったとき、自分の親の子育てを参考にするからです。

幼い頃に教えられたことは、忘れたと思っていても、意外と覚えているもの。

子どもが小さくて何も分からないから、と適当に済ませてしまったり、教えるたびに言うことがバラバラ、なんてやり方はやめた方がいいでしょう。

しつけは世代を超えてつながっていく、ということをたまに思い出してくださいね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ