【母の失敗体験談】気がつくと作ったはずの料理がない!? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局syokuji_baby_kirei

作ったはずの料理はどこに!?

私には息子がいます。

その息子がまだよちよち歩きだった頃のことです。

一度思わず笑ってしまうようなハプニングがありました。

当時、我が家には背の高いテーブルというものがありませんでした。

そのため、食事はコタツ机で食べていました。

しかし、その食事を並べている段階で息子に先に食べられてしまったことがあるのです。

キッチンで調理し、出来上がったものをコタツ机に順に並べていました。

また同時に子供用の離乳食を作ったりしていました。

そこにちょうど主人が仕事から帰ってきて、

「さぁ家族そろって食事をしよう」

と、ふとコタツ机の上を見ると、空になったお皿しか並んでいないのです。

消えた料理は・・・

あの時の光景は今でも目に焼きついています。

その時の料理はカボチャの煮びたしとほうれん草のソテーといったものでした。

確かに幼い子供にでも食べやすい料理ではあります。

しかし家族みんなの分をお皿に盛っていたので、かなりの量があったはずなのです。

それなのに床に一つもこぼすことなくすべてなくなっていたのでした。

息子の顔を見ると口の周りにはカボチャがたくさんついていました

息子の手の届くところに料理を並べた私が悪いのですが、思わず笑ってしまった私の失敗でした。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ