社会が苦手な子供の理由と社会が苦手な子供を得意にする方法について | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

社会が苦手な子供を得意にするには?

社会が苦手な子供は、いるのでしょうか。

意外と思ったより少ない感じがします。

社会は大きく分けますと3つの分野からできています。

地理、歴史、公民と分野が分かれます。

結構実際の生活で使う場面が多く、実生活に役にたちます。

それでも分野ごとに苦手な子供がいるのも事実です。

今回は、社会が苦手な理由と社会を得意になるための方法を紹介していきます。

社会が苦手な理由について

社会が苦手な理由は、丸暗記しようとしているの一言で済んでしまいます。

何も考えずに丸暗記していませんか。

丸暗記しても自分の力ではないのですぐに忘れてしまいます。

なぜ丸暗記してしまうのでしょうか。

とりあえず丸暗記すれば、小テストや中間、期末テストで点数は取れますので、そのように勉強していると思います。

しかし、本当の力をつけるためには、丸暗記では心もとなくなります、

どの分野も実生活に密着させて理解して暗記すれば、本当の力になって実力がついていきます。

社会を得意になるには

分野ごとに実生活の密着の仕方が違いますので分野ごとに見ていきます。

〈地理〉

世界地理と日本地理があります。

今まで旅行に行ったことがあると思います。

その旅行の時にあるいは旅行が終わった時に地図を見て覚えていく方法があります。

常に地図帳と友達になれば、自然に覚えることができます。

日本地理の場合は、旅行を利用できるのですが、世界地理の場合はどのようにすればよいのでしょうか。

世界地理の場合は、テレビの番組で見た場所を地図帳で確認することで勉強につなげることができます。

〈歴史〉

歴史の場合は、流れで理解しましょう。

流れで理解するために漫画の参考書を使ってもいいでしょう。

読んで理解して覚えることを繰り返してください。

漫画だけでは、足りない場合は教科書の太字の部分が自分で説明できるかどうか確認してみましょう。

できればその言葉は、もう大丈夫な言葉になります。

〈公民〉

公民は、簡単にいいますと政治と経済の話ですので実際に色々体験できると思います。

ニュースを見ていますと天皇、国会、総理大臣などたくさん出てきますので、出てくるたびに教科書や参考書で確認をして理解して暗記していきましょう。

社会が苦手な理由と社会を得意にする方法についてまとめ

いかがでしょう。

分野ごとに方法は違いますが、最終的には理解して覚えることが中心になります。

毎日どの分野でもいいので少しずつ理解して暗記していきましょう。

社会は苦手から得意にするのが非常に簡単な教科ですので、まんべんなく学習していきましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ