【私の出産体験】陣痛なのに・・・そんな場所が痛くなるなんて聞いてない! | 共働き、年子のママの為の子育て情報局yjimagebbb

やっと感じた痛みは前駆陣痛!?

私は出産予定日になっても全く生まれる気配はありませんでした。

出差予定日が検診の日だったのですが、ちょうどその日で検診の補助券が切れてしまいました

それ以降は自費になります。

自費だと検診を受けるのに1万円近くかかるので、どうしようかと泣きそうになりながら帰った覚えがあります。

すると、その日の夜、妊娠中には感じたことのない生理痛のような痛みを感じたのです。

もしやと思い、時間を測ると10分間隔になっているではありませんか。

病院に行く基準なので、病院に電話したのですが、

「どれくらい痛いですか」

と聞かれて

「痛いなと思うくらい」

と答えると、

「じゃ、まだまだですね。前駆陣痛かもしれないので朝まで様子を見てください」

とのことでした。

まだかと思いながら寝ましたが、翌朝強い痛みで目が覚めました。

これは!と思い、時間を測りながら準備をするとだんだん遠のいて行きます。

やっぱり前駆陣痛かと思いながら普通に過ごしました。

土曜日でちょうどお食事券もあったので主人とお昼ご飯を食べに出かけたほどです。

ちなみに、その最中も定期的な痛みはありました。

こんなところが痛むとは!?

その夜、太ももに激痛が走りました。

太ももが痛いということでまだ本格的な陣痛とは思っていなかった私。

しかし、あまりにも痛がるので主人に促されて渋々病院に電話をすると

「来てください」

とのこと。

あわてて準備をし、病院で診察を受けると結構進んで即入院となりました

あの時、主人が言わなかったらもしかしたら自宅出産になっていたかもしれません。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ