神経質な子どもは独特の特徴を持っているが、その分扱い方次第で上手に親子の関わりを持つことが出来る | 共働き、年子のママの為の子育て情報局yjimage0AWJSS79

神経質だと言われる子どもは独特の特徴がある

神経質で、感受性が豊かな子どもは、小さいころスキップが、苦手であることが多いようです。

強いて言えば、考えてから行動したり、何か物を作ったりするのが、好みであることが多いです。

そういった子どもは、独特の考え方や、感受性をもっています。

その点、親から見ると、扱いにくい面を感じることがあります。

ですので、子育ては、大変になるかもしれません。

しかしながら、このような子どもは、地味ではあっても、「よく、考えたりすること」を好みます。

また「着実に物事を処理すること」が好きなので、その能力を、親は引き伸ばしてあげるとよいでしょう。

神経質な子どもは扱い方次第で言うことを聞いてくれるようになる

何か、物を作ったりするのが、好みである子どもは、リズムにのってダンスしたりすることが、得意ではありません。

そうは言っても、長い時間、一人で集中して、自分のやりたい事をするのは、好きなのです。

かと言って、このような大人しい子どもは、 かたくなな心を内に秘めている場合があります。

ですから、子どもが一度イヤだと思うと、全く動じなくなるのです。

自分の考え方を、決してあきらめないといった、親からすれば、扱いにくい部分があるからなのです。

リズムにのって、ダンスを楽しんだりすることや、リズム感を持つことは大事なことです。

しかし、こういった子どもは、一定のルールにそって行動したりするのは、あまり好きではありません。

子どもが、無理をしてダンスを完璧に、こなそうとすると、反対に劣等感を、抱え込んでイヤになってしまうことがあります。

こういった子どもは、「立場」や「気持ち」をくみとってあげると、従順に言う事を聞いてくれます

親はその分だけ、子どもの感情に、耳をかたむけてあげることです。

そして、親は子どもを信頼してあげてください

子どもが何か「お母さん教えて」とか、「お母さん、手伝って」と言ってきたときには、手助けしてあげましょう。

なぜかというと、こうした子どもは、普段は自分勝手な助けを、親に求めないからです。

親は喜んで、引き受けてあげて下さい


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ

関連記事