理科が苦手な子供の理由と理科が苦手な子供を得意にする方法について | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

理科が苦手な子供を得意にするには?

理科が苦手という子供は、意外と少ないです。

理科は、大きく分けると2つの分野、さらに分けると4つの分野に分けることができます。

化学、物理、生物、地学に分けることができます。

全てが苦手な生徒は少ないです。

どこかは出来て、どこかができないということはあります。

今回は、理科が苦手な理由と得意になる方法について紹介していきます。

理科が苦手な理由について

まず、苦手な理由は分野によって違います。

1つずつ苦手な理由を見ていきましょう。

〈化学〉

実験、観察などをしたことがなく、生活の中でも化学反応が起こっているのですが、実感がわかない場合が多いです。

さらに計算問題も出てくるとほぼ算数、数学に近くなるので、拒絶する子供が多く2番目に苦手な子供がいる分野になります。

〈物理〉

化学と比べますともっと色々身近になるのですが、実感がわかず計算問題が化学の分野より多くなりますので、さらに苦手な子供が増えます。

1番苦手な子供が多い分野になっています。

〈生物〉

この分野は、動物や植物を扱いますので、非常に得意、普通というのが増える分野です。

1番苦手意識のない分野になっています。

今までの生活の中で動物や植物に興味を持ったことがありますので、ここはできるようになる子供が1番多いです。

〈地学〉

この分野は、地震や火山、天体がメインの分野になります。

実際に体験した子供は少ないですが、地震や火山は本などで見たことがある子供が多く覚えやすい分野になります。

さらに天体は、夜になると月や星を見ることが出来ますので、経験で対応していくことができます。

理科を得意になるには

理科を得意になるには、分野ごとに責めていくことが大事になります。

1つの分野を理解すれば、次の分野、理解すればさらに次の分野と進んでいけば必ず得意にすることができる教科になります。

順番を考えますと生物、地学、化学、物理と学習していけば、非常に楽に得意にすることができます。

それぞれのポイントですが、生活に役立つように勉強していきましょう。

特に化学と物理は、なかなか実感がわかないかもしれませんが、化学の沸騰の部分であれば、水を沸騰させてみるとか、物理の豆電球の部分であれば、本当に豆電球を点灯させてみると実感がわいてきます。

理科が苦手な理由と理科を得意にする方法についてまとめ

いかがでしょうか。

理科は、算数や国語と比べますと非常に勉強のしやすい教科になります。

得意の部分を完全に仕上げて次に進んでいくようにしましょう。

順番は例で挙げましたが、得意な分野によって順番を変えても構いません。

ぜひ、理科をしっかりと勉強して得意な教科にしましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ