保育園と幼稚園の違い | 共働き、年子のママの為の子育て情報局子供 帽子 後姿の写真素材 kid0031-001

基本的な違いとして、幼稚園は学校教育法に基づいた学校であり、保育園は家庭の事情で乳幼児を保育出来ない場合に代わりに保育を行う児童福祉施設です。

つまり、幼稚園は教育を行う場であり保育園は保育をする場という違いになります。

これは制度上の違いであり、幼稚園でも保育という面を大切にしていたり、保育園でも教育に力をいれている所もあります。

監督官庁
幼稚園・・・文部科学省
保育園・・・厚生労働省
★補助金の基準や出所が異なる。

法律
幼稚園・・・学校教育法
保育園・・・児童福祉法
★施設の位置づけとして、幼稚園は学校。保育園は児童福祉施設。

保育指針
幼稚園・・・幼稚園教育要領
保育園・・・保育所保育指針

必要免許
幼稚園・・・幼稚園教諭免許状
保育園・・・保育士資格証明書

資格内容
幼稚園・・・教員免許の一種。「教科に関する目」「教職に関する科目」を所定の単位数習得。
保育園・・・厚生労働大臣の指定する学校卒業、国家試験合格者。
また国家試験で資格拾得者は平成15年から保育士と称して保育業務を行うには、試験合格の上実務経験が必要となる。

★現在は保育士免許と幼稚園教諭を同時に取得できる要請施設も増え、また、幼保園も増えてきているため、どちらかに特化した内容というよりも先生たちの知識に大きな差はなくなってきている

勤務体系
幼稚園・・・固定勤務。
保育園・・・早番・通常・遅番などシフト交代。土曜出勤もあり交代で代休をとる。
★幼稚園でも近年では、預かり保育や土曜登園も増えてきている。

一日の流れ
幼稚園・・・登園し昼食を食べ、14時にお迎え。
保育園・・・登園し昼食を食べ、お昼寝とおやつ。16時から延長保育までお迎えの時間はバラバラ。
★保育園には幼稚園と違いお昼寝とおやつがある。登園や降園時間も各家庭によって様々。

保育内容
幼稚園・・・早期教育や自由保育を行う園など様々。
保育園・・・自由遊びを中心とし、低年齢児にはトイレトレーニングなどの生活習慣を身につける保育も行われる。
★近年では、保育園でも教育に力を入れている所もあり、徐所に幼稚園と保育園の内容は近づいてきているように思える。
しかし、保育園は一日の大半を過ごすため、生活の場でもあり、短時間の幼稚園は学校という特色は見られる。

対象年齢
幼稚園・・・満3歳~5歳。最近は2歳入園を行う園も増えている。
保育園・・・0~5歳。産休明けの生後57日目以降から入園できる園もある。

入園方法
幼稚園・・・直接幼稚園に申込をする。面接や試験がある園も多い。
保育園・・・所在地の自治体に申込をする。待機児童数の多い都市では両親の勤務時間などの基準が厳しい。
★働く女性が増えていることもあり、保育園は激戦区といえる。人気のあるないはあるとしても、幼稚園のほうが入所しやすい

開所時間・休み
幼稚園・・・基本4時間程。夏休み・冬休みなどの長期休暇あり。
保育園・・・基本8時間。延長保育などの実施園も多い。土日・年末年始が休みだが、土曜保育や年末保育を実施している園も少なくない。
★幼稚園は保育園と違い「学校」なので、小学校などとおなじように長期休みがある。

少子化や働く女性の増加に伴い、幼稚園と保育園の差は少しずつ近づいてきているように思えます。

しかし、長期休暇や残業などへの対応から現在ではまだまだ保育園のほうが柔軟性があるように感じます。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ