子どもが頭を打ってしまったら?こぶ・出血の手当てと意識不明時の対処法 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局body_nouha

頭はたいせつな場所です

小さな子どもは体に対して頭の比率が大きめなので、バランスを崩しやすくなっています。

そのせいかしょっちゅう転び、頭をぶつけたり、けがをしたりするトラブルも意外と頻繁に起きているものです。頭部には大切なものがぎっしり詰まっていますから、注意が必要です。

頭にさわったときの違和感「こぶ」

子どもが頭をどこかにぶつけてしまったら、おでこや後頭部などをさわって、ぼこっと膨らんだ、違和感を覚える部分がないかを確認します。

いわゆる「こぶ」というものです。こぶができてしまっているときは、保冷剤をくるんだタオルや冷たいおしぼりなどで冷やしてしばらくおとなしくしているように言い聞かせます。

こぶの中身は内出血などで、小さなものなら処置が正しければやがて消えますが、タンスの角などのちょっと鋭利な部分にぶつけると、逆にへこんでしまうこともあります。

お医者さんに診てもらうなら、診療科目は整形外科になります。

子どもの頭から血が出ているときは

状況からして大変あわててしまいそうですが、出血のモトである傷口を確認し、流水でその部分をきれいに洗います

頭の傷は、そう大きくなくても出血しやすいので、冷静に傷の大きさや場所を見て、ガーゼなどで血を止め冷静に様子を見るようにしてください。

血があらかた止まった後、機嫌よく遊んでいるようなら特に問題はないでしょう。

血がなかなか止まらない、止まったが頭が痛そうだったり、むずかったりする様子が見られるときは、救急対応の病院に連れていくか、救急車を呼んでください

頭に傷はないが、子どもの様子がおかしい

何度も言いますが、頭は大変大事な場所です。

人を物に例えるのははばかられますが、何か精密なマシンを落としたり、ぶつけたりした場合は、たとえ見た目に変化がなくても、「壊れたのではないか」と心配になるものでしょう。

人の頭部も同じことです。

もしもぶつけたときに特にけがしていなかったとしても、いつもよりも元気がない、あるいは目がうつろでぼんやりしているなど、気になる症状が見られるときは、安静にさせて様子を見てください

それでも状態が好転しないときは、病院で診てもらいます

また、すぐに症状が出ない場合もありますから、幼稚園や保育園でけがをした場合、

スタッフは「こういう状況で頭を打ったが外傷はない。園では元気に過ごしていたが、場所が場所なので、おうちに帰ってからも気にかけてやってほしい」等の情報を伝えておくことが大事です。

子どもが意識を失ってしまった

頭をぶつけ、その場に倒れて意識がないというような場合、まずは呼吸をしているかを確かめてください。

呼吸が感じられないときは、人工呼吸をほどこします。呼吸していることが確認できたら、横向きに寝かせます。これは、胃の中のものを吐いて気道に入り込んだりするのを防ぐためです。

また、頭を打った場合は、頸椎も傷つけている場合がありますので、体や頭の位置を動かすときは、静かに慎重に行ってください。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ