【口の中のけが】子どもの歯が折れてしまったときは? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局kuchi_akeru_woman

 

子どもが口の中を傷つけてしまった場合

子どもは体がアンバランスなため、顔から転んで強く打ったり、友達同士でぶつかったりといったケースは多くありますが、その際、「口から血が出る」ことがあります。

口の中には、ほほの内側、上あごなど、傷つけて出血する可能性のある部位がたくさんあります。特に多いのは「上唇小帯」といわれる筋の部分に裂け傷ができるケースです。

出血が多くて本人も周りもショックを受けることがありますが、冷静にうがいをしてみると、傷自体はそう大きなものでないことがほとんどですから、さほど心配は要りません

べろの損傷

ややクラシックな言い回しですが、「舌かんで死にたい」と、その場で消えてなくなりたいほどの恥ずかしさを表現することがあります。

これを真に受けると、舌、いわゆるべろが傷ついて出血すると死んでしまうのでは?と心配になりますが、実際には舌をかんで血が出たら死ぬということはありません

ほほや上あごを切ったときと同様、まずは口にたまった血液を全部吐き出し、切れた部分は清潔なガーゼで圧迫して血を止めます。その状態で救急車を呼ぶか、救急病院へ連れていくかしてください。

口の中のけが・トラブルの対処法は

うがいによる血液の除去、そして圧迫による止血、これが基本です。

病院にいくこともなくおさまることが多いですし、もし診てもらっても、縫ってもらう必要があるほどの大事でないことがほとんどです。

病院に行くにしても、どの科が適切なのかは迷うところですが、口の中の傷の場合は、歯科、あるいは口腔外科と標榜している、「口のお医者さん」にかかってください。

のどを診てもらえる耳鼻咽喉科でもいいでしょう。

圧迫止血には未使用の清潔なガーゼを使ってください。ティッシュでは、傷口に張り付いてとれなくなることがあるためです。

口内炎に発展する場合もありますが、正しく診てもらい、治療薬を出してもらえばあまり心配は要りません。

子どもの歯が折れてしまったら

口の中には歯がありますから、口の中をけがするような衝撃を受ければ、歯が折れてしまうこともあり得ます。

「そんなに多い事例ではないが、珍しいことではない」という認識で、歯が折れたときの対処法についても覚えておきましょう。

歯医者さんに行く前に

歯が折れてしまっても、とっさに飲みこんだのでもない限り、周りに落ちているか、口の中にあるかのどちらかのはずです。落ち着いて口から取り出してください。

その歯が乾燥しないように水または牛乳の入った容器に浸し、診てもらうときに持っていけば、処置が早ければ、レジンという樹脂接着剤で元通りにすることも可能です。

折れた歯が乳歯だった場合はもちろん、永久歯だったとしても、諦めずに持っていくことが大切です。ただし、これは歯が変形や粉砕をせず、きれいな状態で残っていた場合です。

また、歯科の中でも、「小児歯科」という診療名を掲げているところをできるだけ選んでください。子どものこの手のトラブルに対し、豊富な経験を持った先生が多いからです。

子どもの歯の変色、なぜ起きた?

歯が折れるまではいかなくても、ぶつけて色が悪くなってしまうこともあります。原因として考えられるのは、歯の根元の神経が傷ついてしまったため

気がついたらすぐに歯科医院に連れていくか、子どもの保護者に連れていくように促してください。

子どもの歯のぐらつき、へこみ

また、これはけがなどどはあまり関係がないのですが、歯が抜け落ちず、ぐらぐらの状態で歯茎にくっついていたり、逆に歯茎にめりこむようになってしまった場合はどうすべきでしょうか。

この場合も基本は歯科医院です。固定したり、正しく治したりすることが可能です。できるだけ早目に診てもらうことも併せて覚えておくべきでしょう。

永久歯と呼ばれる歯は、小学校に就学する頃にぼちぼち生えてきます。乳歯は虫歯や欠損もなく健全な状態ならば、根がきれいに吸収されて、ポロリと痛みもなく抜けることもあります。

乳歯が抜けて、生え変わりつつあるお子さんの歯にぐらつきがみられたとき、お子さん自身が気になって、舌先や指などでぐらつく歯をさわっていたら、出血とともに抜けてしまったという場合は、

大抵はうがいで水で血を洗い流し、抜けた歯は専用ケースに入れるか、屋根の上や縁の下に放り込むというゲン担ぎの儀式をする程度ではないでしょうか。

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるものですし、それで問題がない場合がほとんどですが、心配な場合は、どんな小さなことでも歯科(前述の小児歯科)に診てもらい、相談に乗ってもらうといいでしょう

殊に、園の判断でトラブルに発展した場合の責任問題にも発展しかねません。その場で心配があると思えない場合は、事情だけを説明し、歯科医院に行くのは保護者さんにお任せしても大丈夫です。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ