心も体も健康な子どもを育てよう!子育てで効果的な褒め方とは? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局女の子 少女の写真素材 kid0048-022

心も体も健康な子どもを育てよう!子育てで効果的な褒め方とは? : 子育てにおいて「褒める」という行為はとても難しいと感じている人も多いと思います。

むしろ「叱ってばかり・・・」という人がほとんどではないでしょうか。

これは子育てに限ったことではありません。

大人同士でも「人を褒める」ということは本当に難しいことですし、なかなかそういう機会にも恵まれないでしょう。

しかし褒められるとだれでも気分がよくなり前向きな気持ちになるものです。

特に子どもはそうです。

褒められることが元気や力の源であり、「次も頑張ろう」という前向きな気持ちを育ててくれます。

しかし最近では「子どもの褒め方が分からない」「何を褒めたら良いのかがわからない」といった悩みを抱えている大人も少なくありません。

こうした悩みが、ひいては子どもの心と体の健康を害しているとも言われています。

大人が何気なく発した言葉でも子どもは非常に敏感に反応し、言葉によってはその後の性格を左右してしまうほど大きく影響することもあります。

心も体も健康な子どもを育てよう!子育てで効果的な褒め方とは? : 子育てにおいて子どもを心身ともに健康にするために効果的な褒め方とはどのようなものなのでしょうか。

それは「何気ないことでも毎日継続してできていることをしっかりと褒める」という褒め方です。

挨拶をする、ご飯の前に手を洗う、外から帰ったらうがい手洗いをする・・・など何でも構いません。

子どもが頑張ったありのままを認めてあげる、頑張った行動を言葉にして伝える、ただそれだけで十分効果的な褒め方になります。

毎日当たり前のように繰り返していることでも「○○がちゃんと出来てすごいね!」と褒めてあげることで、子どもは自信を持つと同時に喜びを感じます。

今となっては当たり前のようにしていることでも生まれたばかりの時には何一つできなかったわけです。

こうした何気ないことでも継続してできるということは褒めるに十分値することであり、それをストレートに子どもに伝えることは、子育てにおいて子どもの心と体を健康にするために効果的な褒め方であると言えるでしょう。

子どもというのは基本的に褒められることで成長します。

けなされたり叱られることではあまり成長できません。

そのため褒め方が良ければ子どもの心はまっすぐ健康に成長し、褒め方が間違っていたり叱って(怒って)ばかりいると子どもの心は廃れていってしまいます。

「叱る:褒める=1:9」となるよう意識した子育てをすることが大切です。

そしてどんな時も子どもの立場に立ち、子供の目線で物事を考えて子育てをしてほしいと思います。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ