子どもに手をあげたくなってしまった親・・・それは子どもとのコミュニケーション不足が原因かも? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局yjimageVEM3VKRD

思わず手をあげたくなってしまうような子どもも親次第で変わる

何度も注意してみてもやってしまう子ども、反抗的な態度を見せる子どもなど親が困ってしまうことがあります。

また、心配になると感情的になったり、いじけてみたり、突然泣き出したり、

「ちょっと、こんな所で困るなー」、

「手がかかる子だなー」

と感じる親は多いと思います。

出来れば、

「子どものこういう場面を見たくない」、

「子どもには聞こえないふりをしたい」、

「対応がめんどうだ」

など思ったりしてしまいます。

こうなってくると子どもも親も少しのことで、関係が不安定になります。

親も子供に対してイライラしたり、憎しみのような気持ちが芽生えていってしまうのです。

そして「だめだと頭では理解していても、子どもに手を上げたくなってしまう」という親の感情が増えていきます。

結果として親と子の関係はとても不安定で居心地の悪い雰囲気が作られてしまいます。

ですが子どもは、親の少しの行動で大変素直になることもあるのです。

こういう子どもは親に甘えることが苦手なことが多いのです。

甘え下手な子どもは親が上手に甘えさせてあげる

甘えべたな子どもに対して、心から安心できる場所や時間を用意してあげるとよいでしょう。

母親と子どもだけの特別な時間をぜひ作ってあげてください。

「お母さんこんなにも僕のことを可愛がってくれてたんだー」

とか

「私のことだけをとても愛してくれてるんだー」

と思うかも知れません。

そう思わせることがとても大切なことなのです。

親が子どもに手をあげたくなってしまうのはコミュニケーション不足が原因

親と子のコミュニケーションが上手くいかないと、自分の大切な子どもと理解していても親が追いつめられていると感じてしまいます。

そして「手を上げること」で子どもを押さえつけてしまうのです。

ですが、親と子の心が通じ合えば

「やっぱり私の子はかわいいなー」

とか

「子どもを産んで本当に良かったなー」

と感じられるようになります。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ

関連記事