子どものやる気を出させたいと思うなら親は子どもと一緒に問題に向き合うことも大切 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

illust1341_thumb

やり方を間違えると子どもはやる気を失ってしまう

自分をないがしろにしている親は、他人から嫌われたり、イヤがられたりすることに対して、ひどく恐怖を感じます

必要以上に恐怖を感じるために、しょっちゅう他人を意識してしまいます。

例えば、無闇やたらと、あーだこーだ口うるさく言う人や、いつでも自分を正当化して、言い訳がましく言う人などがそうです。

人の話をしっかり聞くことができない子どもの殆んどが、こういった親から育てられています。

そのような、ガミガミと口うるさい親に限って、自分の弱点をひた隠しにして、なかったことにしたがります。

むしろそのために、「やらなくてもいいんだよ。困るのは自分なんだから」と宿題をなかなかやらない子どもに、このような言葉を言い切ってしまうことがあります。

簡単にいえば「自分は話の分かる母親ですよー」「よいお母さんでしょ」というふうに、私は子どもにとってとても良いお母さんなのだと、感じさせたいのです。

それゆえに「しなさい」「やりなさい」とは言いません。

あくまで、子どもの意見に任せていると思わせたいのです。

しかしながら、この言葉は逆に子どものやる気が無くなってしまいます。

子どもにやる気を出させるために親が気を付けたいこと

子どもはしきりに「大人はずるい」といいます。

それは、このような腹の探り合いの言葉を、大人がひんぱんに使うからです。

小学校高学年くらいになると、親を無視する子どもがでてきます。

その一つの原因としてみられるのが、このような親に対しての「不信感」です。

ですので、親は自分をないがしろにしたりせずに、自分への誇りを持って、子どもを育てることが肝心ではないかと思います。

宿題が気になった時は、あまりガミガミ言わないほうがいいでしょう。

「お母さん終わらないと気になっちゃうから、すぐに終わらせようか」

といった思いを、子どもに知らせることが、大事なのではないでしょうか。

子育てには「これが正解」というものはない

宿題で困っている時は、手伝ってあげるのもいいでしょう。

そのような親の姿を見て、子どもは従順になれるのです。

子育ては、正しい意見や立派さだけでは解決しないということが、少なからずあるのではないかと思います。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ

関連記事