子供が約束を守れない理由と約束が守れるようになる方法について | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

子供が約束が守れるようになるには?

自分の子供が、約束を守らなくて困ったことはありませんか?

例えば、何時までに帰ってくるや何分間はテレビを見てもいい等約束をしても気がつけば、時間が過ぎています。

子供が約束が守れるようになるには、どのようにすればよいのでしょうか。

子供が約束を守れない理由

  • 時間のことを忘れている
  • なぜ、約束を守らないといけないのかわかっていない

が子供が約束を守れない理由の大きな2つです。

楽しい時間がより楽しければ、子供は時間の感覚を忘れてしまっています。

何時に帰るや何分だけテレビを見るなどは、感覚を忘れる部類に入ります。

次になぜ、約束を守らないといけないのかが、わかっていない場合です。

約束を守らないと自分に不利益があることや、自分の信頼を失うことが理解できていないという場合です。

子供が約束が守れるようになる方法

子供に親であれば、約束の守れる子に育ってほしいと思います。

どのようにすれば、子供が約束が守れるようになるのでしょうか。

約束をして、子供が約束を守った時は、ほめてください。

成功体験で子供は、次も約束を守ろうと思います。

さらに一番大事なのは、子は親の鏡ということです。

次のような行動をしているのであれば、そのまま子供に伝わっているかもしれません。

「あとでね」という言葉を言って忘れてしまう

例えば、親が忙しい場面で「一緒に見て」や「絵本読んで」をいわれた時、「あとでね」と答えてほったらかしにしていませんか。

子供は、何回も繰り返されると「あとでね」と言うとやらなくてもいいことと思ってしまいます。

約束の時間に遅れても気にしない

例えば、親が何時に出発すると言いながら、約束の時間になっても出発しない時のことです。

少しぐらい遅れてもいいと思ったりしていませんか。

子供は、親の姿を見て、時間は少しぐらい守らなくても大丈夫と思ってしまいます。

病院嫌いな子供をだまして連れて行く

病院が嫌いな子供を病院に行かないといいながら連れて行ったり、注射しないよと言いながら注射してもらったりしますよね。

実は、この行動も約束を守らない子供にしてしまいます。

ごねる子供に折れてしまう

ごねる子供に負けて、おもちゃやお菓子を買ってあげたりしたことは、ありませんか。

子供は約束しても、ごねれば何とかなると思い、約束を守らない子供になってしまいます。

上の4つのような行動をしている親は、気をつけてください。

4つの行動を改めて、しっかりほめることで約束を守れるようになってきます。

子供が約束を守れない理由と約束が守れるようになる方法についてまとめ

いかがですか。

やはり、昔から言われている「子は親の鏡」は正しいと思います。

さらに幼いうちは、約束を守らないのが普通と思っておいたほうがいいです。

小学生ぐらいから約束が、必要となります。

しかし、いきなり約束を守れるようにはなりませんので、最低限の「人を傷つけないこと」は小さいときから教えておきましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ