子供に集中力を付けさせる方法について | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

子供に集中力を付けさせるには?

お子さんが集中力がないと保育園や幼稚園などで言われたことがありますか?

または、集中力がないと感じたことはありますか?

集中力の土台は、おおよそ7歳ぐらいまでに養われるとされています。

では、7歳までの子供に集中力を付けさせるには、どのようにすればいいのでしょう。

集中力を付けさせる方法

整理整頓

子供は、興味があるものにすぐに目移りしてしまいます。

子供が、目移りしないように集中力がなくなる原因を排除しましょう。

周りには、何もない状態が理想です。

睡眠時間をしっかりと確保する

次に子供が寝不足では、集中できません。

しっかりと睡眠時間を確保してあげてください。

大人と同じ時間まで起きているや必要時以外、親が夜遅くまで子供を連れまわすなどは、やめてください。

睡眠時間を確保するために、お昼はおもいっきり体を動かすということをお勧めします。

朝ごはんを食べさせる

朝ごはんを食べさせないと脳がエネルギー不足になってしまいます。

幼児期の子供は、いらいらしたり、集中力がなくなったりします。

しっかりと朝ごはんを食べさせてください。

粘土やパズル、お手玉で遊ぶ

粘土やパズルは、自分で考えて遊ぶものです。

さらにお手玉は、少し難しい遊びです。

これらで遊ばせると子供は、自然に集中力が付いてきます。

親も一緒に遊ぶ

外での運動、粘土やお手玉は親も一緒に遊んであげるとさらに効果があります。

子供にとって親とのふれあいは、心が充実して集中力があがることに効果があります。

集中している時に中断しない

子供が集中している時に、食事ができたから無理矢理終了はやめましょう。

さらに子供が集中していると、行動がエスカレートしてくることがたまにあります。

例えば、紙に落書きしていたのに落書きする場所が、床や壁になったりすることがあります。

エスカレートした時に頭ごなしに叱るのではなく、諭すようにしてあげてください。

せっかく集中力を付けるチャンスを逃すことになってしまいます。

絵本を読む

毎日毎日5分,10分絵本を読むという習慣をつけると結果、長時間読むことのできる集中力を付けさせることができます。

子供が、1冊の絵本を読むことは、大人が思うより大変なことなのです。

集中しないと頭に内容も入ってこないですね。

子供に集中力を付けさせる方法についてまとめ

子供が、自ら集中力を付けることはできません。

親が子供の集中力を付けてあげてください。

子供に必要な集中力とは、元からある才能ではなく、育てていく才能なのです。

しっかりと集中力を育てていきましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ