「おっとりした子ども」は親の接し方で自分に自信が持てなくなる | 共働き、年子のママの為の子育て情報局花壇を眺める男の子の写真素材 kid0025-009

「おっとりした子ども」には理由がある

物事を処理するのに、時間がかかる子どもは、動作が「おっとりしてる」ことで自分の考えや思いを伝えています。

子どもの動きが「おっとりしてる」と一方的に断定する大人に、問題があります

どうしてかと言うと、自分の好きな事や、興味があるものならば、子どもは動作が素早くなるからです。

動作がおっとりしてるのは、好きな事ではない、または興味がないからです。

そうでない場合、親に対して、「おもしろくない気持ち」があるからです。

親が「おっとりした子ども」にしてしまっている

親は、子どもを受け入れて、注目して見てあげれば、 必ずや自信を持った子どもに伸びていきます

不安がらずに子どもを辛抱づよく見てあげましょう。

子どもが「私は、何だかやる気が出ない」とか、「とにかく僕は、自分に自信がないんだ」と感じている時は、用心してください。

親の尺度で「おっとりしている」と判断していないか、今一度心の中を内観してみて下さい。

親が時間に余裕がなかったりした時、子どもの動作全部に関心の目を向けたりします。

それは、親のどうすることの出来ない感情を、子どもに放出しているからなのです。

心に余裕がない親は、子どもの全てに不満足なのです。

子どもが親を満たしてくれないと、「遅い、遅い」とか「早くしなさい」と叱ります。

そして、子どもを責めたてることで、自分の心を落ち着かせようとするのです。

そういった親の価値観の中で、憎しみや苛立ちの感情をもって、子どもに話しかけていると、自信をもてない子どもに育ってしまうのです。

子どもは、太っていても、運動神経が鈍くても、自分が要求していることや、好きな事、興味をもっていることには、スピーディな行動を取ります。

例えば、子どもがお腹を空かせている時を、思い出してみて下さい。びっくりするほどの速さで、食べてたりしていませんか。

「おっとりした子ども」は忍耐強い自分を持っています。

「待ちきれなくなっちゃったよ。早くしてくれないかな」など、 気配りのある言葉で、助言してあげて下さい。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ