【子どもの誤飲】吐かせるべき?病院に行く前の処置方法 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局byouki_akachan_denwa

子どもが誤飲してしまったら、どのように処置すべきか

お子さんは目を離すと、思わぬものを口の中に入れ、しかも飲み込んでしまうことが多々あります。

最近はジェルボールタイプの色鮮やかな洗剤を、小さなお子さんが飲み込んでしまう事案も発生していますので、「あんな大きなものを」とか、「まさか、こんなものまで」という思い込みで油断するのは危険です。

口に入る大きさのものなら、何でも飲み込んでしまうという前提で考えた方がいいかもしれないほどです。

飲み込んだものによって、処置方法が違います。まずは「その場で吐かせるべき」か「吐かせない状態で病院に急行すべき」かに分かれ、その後、さらに細分化されます。

すべて網羅というわけにはいきませんが、お子さんが飲み込むトラブルの多い代表的なものについて御紹介しますので、頭に入れておくなり、一覧表を作って壁に貼ったり、ラミネート加工して見やすくしておいたりすると、役に立つこともあると思います。

なお、吐かせる場合も、そのままの場合も、病院に行くことだけはお忘れなきよう

その場で吐かせるべきもの

まず、吐かせた方がいいものは、食器用の中性洗剤、洗濯用の合成洗剤、香水、白髪染めなどの染髪剤、殺虫剤や除草剤、ゴキブリ駆除に使ういわゆる「ホウ酸団子」などは、水や牛乳を飲ませた上で吐き出させます。

うまく吐けないときは、喉元を刺激してみてください。

また、たばこ、洋服の防虫剤、ボタン電池、蚊取り線香などの固形物を飲み込んだ場合は、を飲ませた後に吐き出させます。この場合は牛乳は飲ませないようにします。

ただし、吐かせてもよいとされるものでも、意識がしっかりしている場合だけにしましょう。

ぼんやりとしている場合、吐き出したもので喉を詰まらせたり、肺に入り込んだりする可能性もあります。

吐かせない状態で病院に急行すべきもの

次に、吐き出させてはいけないものですが、これは3つに大別されます。

まず、家具や床を磨くために使うワックスを飲んでしまった場合は、水を飲ませ、吐きださせない状態で病院へ急いでください。牛乳を飲ませるのは禁止です。

次に、酸性・アルカリ性(塩基系)の別は問わず、家の中の掃除に使う洗剤や漂白剤、アンモニアなどを飲みこんでしまったときは、水か牛乳を飲ませます。たくさん欲しがる可能性もありますが、吐かない程度の量を心掛けてください。

マニキュアやマニキュアリムーバー、ベンジン、ガソリンや灯油などの燃料の場合は、何も飲ませずに病院に急いでください。

洗剤や石油製品を吐かせてはいけない理由は、吐きだすことで食道を痛めてしまったり、気管に入り込んでしまった場合、出血を伴う肺炎を起こす可能性があるからです。

異物を早く体から出してあげたいという気持ちで焦るかもしれませんが、このような理屈を理解した上で、正しく処置できるように努めてください。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ