幼稚園でのママとの付き合い方 | 共働き、年子のママの為の子育て情報局cccyjimage

~幼稚園・保育園でのママとの付き合い方~

それぞれの幼稚園には、場所柄や保護者の生活環境などによってカラーが現れます。

子どもの幼稚園選びをする際に、もちろん園の教育方針や雰囲気は大事ですが、入園してからのママ達との関わりがどの程度のものなのかもとても気になりますよね。

どんどん参加したい方もいれば、あまり関わりたくない方も・・色んなママグループが出来てややこしいいざこざも出てきます。

そこに、我が子が関われば尚更ヒートアップして、幼稚園行事などに参加し辛くなったり園生活を楽しめなくなったりするなんてこともよく耳にしますよね。

園の外でのママランチ会やクラス会、は園には関係の無いことなのですが、あまりに揉め事が多いせいでそういう活動を自制するように言われる園もあるそうです。

年に何度もあるだけにその度に憂鬱になることも。

~あくまでも中立の立場でいるのが一番~

とにかくあまり深い関係にならず揉めたくないというのならば、一番手っ取り早い方法は、理由をつけて参加しないことですが、それだとかえって浮いてしまって居づらいのなら当たり障りの無い中立的な立場で居る事だと思います。

一人で黙っていろというのではなく、普通にしていれば良いんです。

同じクラスに、元々仲の良い友人が居れば心細くもないし、新たにグループに入る努力もしなくて済むので気持ち的にとても楽だし楽しめますね。

すでに出来ているグループに、自分から入っていくのはとても勇気がいりますよね・・人と親しくなる時って、なんと言うかその人の雰囲気から自分と話が合いそうだな、友だちになれそうだなと感じ取って声をかけますよね。

普段まで連絡を取り合ったり、一緒に子どもを遊ばせたりしなくても、行事やランチ会の時だけでも気軽に声をかけて話せる相手が一人居れば十分だというくらいに思っていた方が良いです。

大人数が集まると女性は、案外細かく人を観察しているので、グループ内で色々とうわさをするママたちもいます

心細いからと言ってグイグイ入っていくと、自分も一緒に言っている内の一人だと思われるし、一度グループに入るとなかなか抜けれないものです。

上辺だけの付き合いと聞くと、なんとなく他人行儀で良い感じはしないかも知れませんが、深く関わり過ぎないことが鉄則かなと思います。

卒園するまでの長い付き合いになるので、なるべく穏やかに無理なく過ごしたいですよね。

案外そう思っているママは多いもので、なんでも知っていないと気が済まないようなママは一部です。

だからあまり気兼ねをせずに、参加したり参加しなかったりで良いと思います。

~さいごに~

揉め事を避けたいのならば人の噂話など、外に漏れるようなところでは決してせず、あくまで中立

それが一番かと実感しています。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ