かさかさした子どもになってしまう原因とその対処法とは? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局yjimagexxx

 

かさかさした子どもになる原因はストレスにある

子どものお肌が荒れたり、カサカサしてくると、痛みをともなったかゆさを感じるようになります。その分だけ、睡眠不足になっていきます。

想像しただけでも、可哀そうな気持ちになります。これほどまでに、辛抱している子どもです。

何としても、親は同情の気持ちをもって、優しく接してあげてください。

肌がカサカサ荒れている子どもは、たいへん感覚がこまやかで、思いやりのある子どもです。明けても暮れても、親を意識しています。

また、アトピー性皮膚炎は、精神的なストレスが、きっかけの一つとも言われています。

親の接し方が子どものストレスになる

子どもの場合、その精神的なストレスは、家庭での親のいらぬ手出しなどが、引き金になっているケースが多いようです。

このような親は、昼夜を問わず、子どもにひたすら何かを言っていることがあります。

「ほら、早く宿題やって」とか「早く、寝なさい」などの言葉を、直接言っています。

つまり、親のすっきりしないモヤモヤした気持ちを、そのまま子どもに言っているのです。

これらの、親に何かひたすら言われて、育っている子どもは、一日一日を生きることが、きついです。そして、そのような子どもは、だいたい温かい心を持っているので、反発したくても抑えてしまうのです。

そういった反発心を抑えることが続けば続くほど、子どもの精神的なストレスは溜まっていき、どうしようもなくなっていくのです。

その精神的なストレスは、喘息になったり、お肌がかさついたりして表面に現われてくるのです。

かさかさした子どものケア

子どもが喘息になったり、お肌がかさついたりした時は、食事に気を配ってあげましょう。

玉ねぎ納豆は、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

さらに納豆は夜に食べると、効果があがります。

玉ねぎを細かく刻んで、納豆とまぜて、たまごと醤油をかけて頂くのは、簡単でおすすめです。

食欲のないときでも、食べやすいです。

また、たまごがアレルギーなどで食べれない場合は、玉ねぎのお味噌汁や、玉ねぎをたくさん入れたカレーやシチューなどもいいでしょう。

そして、子どもが喉かぜを引いた時は、をむいてあげましょう。ない場合は、はちみつを入れた、温かい飲み物もいいです。

またパイナップルの缶詰も、手軽でいいです。子どもの咳や痰が出る時に、ラクにしてくれます。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ