赤ちゃんの人見知りはいつから始まる? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局cccyjimage

~赤ちゃんの人見知り~

赤ちゃんがお母さんを認識できるようになってくると、人見知りが始まります。

人見知りをしない子も居ますし、全ての赤ちゃんではありませんが、生後5ヶ月〜1歳頃までに始まる子が多いようです。

早い子では3ヶ月頃に始まり、里帰りから帰ってきてパパに人見知りをしてしまうケースも、よくあるみたいです。

また、今までは誰に抱かれても平気だった赤ちゃんが、お母さんじゃないと泣いてしまうようになったりします。

外で人に会っただけで泣いてしまったり、お母さんは赤ちゃんの特別扱いに嬉しい反面とても困ることが多くなります。

我が家でも、娘たちの人見知りが酷く、私にベッタリくっついていたので、人見知りエピソードがいくつかあります。

例えば、出産祝いを持って我が家に友人が遊びに来たとき、娘が友人の顔を見るとギャーギャー泣いてしまって、とても申し訳ない感じがしました。

祖父母に会うときも、終始しかめっ面で、ニコリともしなく気まずい思いをしたり、家事で忙しい私を後追いして主人が呼んだり抱っこすると、暴れてギャーギャー泣いたりしました。

とにかく、ものすごく頑なに私以外の人を受け入れない頑固な赤ちゃんでした。

外で誰かにあやされたりすると、私にしがみついてプイッとするので、気まずい思いをしたことが何度もあります。

しかし、友人のお母様には「人見知りした方が良いのよ、知らない人についていっちゃったら大変よ」、と言われ安心したこともあります。

~赤ちゃんの人見知りは、いつまで続くの?~

そして、この赤ちゃんの人見知りがいつまで続くか、というのもかなり個人差があるようです。

一時で終わる子も居れば、しばらく続く子も居ます。

我が家では、上の娘は1歳過ぎまで、特に頑固で敏感な下の娘は2歳前になってようやく落ち着きました。

気が付いたら人見知りが治っていたという感じです。

~さいごに~

人見知りは赤ちゃんが、お母さんと離れるのを不安に感じ警戒心を持つことの自然な表れなのだそうです。

人見知りを無くそう、人に慣れさせようと無理してお母さんから離すことは、赤ちゃんの警戒心をより強くしてしまうことになります。

出来るだけ赤ちゃんを安心させてあげて自然に落ち着くのを待つのが一番良い方法のようです。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ