【私の育児体験談】子供のケガに慌てすぎ!? でも、それで気付いた・・・ママってすごいね | 共働き、年子のママの為の子育て情報局byouki_akachan_denwa

慌てすぎて・・・

10ヶ月の娘をもつママです。

去年の春、待望の妊娠をしました!

そして冬、初めての子供に恵まれました。

それは本当に嬉しかったです。

ママになるのも初めてですから、当然、おむつ交換だって、沐浴するのだって初めての経験です。

何から何まで初めてのことばかり!

かわいい娘を相手に、もう毎日が楽しくて楽しくて仕方ありません。

ちょうど娘が2ヶ月になった頃のことです。

旦那の仕事がお休みの日に事件が起きたのです。

旦那はお友達とお出掛けに行っていました。

家に残っていたのは私と娘の二人。

そのうち娘が眠ってしまいました。

日頃、娘によく引っ掻かかれることが多く、痛い思いをさせられてました。

寝ている間に爪を切っておこうと思いました。

そっと爪を切り始めたちょうどそのとき、娘が

「びくーっ!」

と起きてしまいました。

その拍子に

「チョキ!」

なんと、あろうことか娘の親指を傷つけてしまったのです。

血がボタボタ!

娘は物凄い勢いでギャンギャン泣きだしました。

抱っこしても何しても泣き止みません。

「痛いよね、ごめんね、ごめんね」

と言いながら、旦那もいないし困ってしまい、思わず119番して救急車で病院に行きました。

すると先生は、

「なんできたんですか?舐めてたら治りますわ!」

と一言。

確かに、救急車までは呼ばなくてもよかったかも・・・。

そんなことも気付かないほど、すっかり慌ててしまっていました。

ママってすごい!

つい救急車まで呼んで大事にしたけれど、舐めてたら治ると言われて、あちゃーって感じでした。

でも本当深い傷じゃなくて良かったです。

ほっとして、病院で授乳までさせてもらって優雅に帰りました。

その後も相変わらず初めての子育てに悩まされる毎日です。

それでも娘が可愛すぎるから頑張れる

ママってすごいなと実感しました。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ