赤ちゃんの転倒対策におすすめの便利グッズを5つ紹介します! | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

赤ちゃんの転倒対策グッズ おすすめ5選

赤ちゃんがつかまり立ちや歩き出すと、転倒の恐れがありますよね。

転倒は大怪我になりかねないもの。

転倒対策グッズを準備し、怪我のないように備えましょう。

赤ちゃんの転倒対策 便利グッズ5つ

①ジョイントマット

今は、マンションでも一軒家でも、フローリングの部屋ばかりですよね。

しかし、フローリングでは固いため、赤ちゃんが頭をうつと大変!

そのため、フローリングにしけるジョイントマットを準備しましょう。

金額もお手軽で、いろいろな大きさのマットがあるため、ご家庭のスペースに合わせて購入することが出来ます。

ジョイントマットの上であれば、転倒しても、大怪我になることなく、安心して遊ぶことが出来ます。

②ベビーヘルメット

転倒で一番守りたい場所は頭。

その頭を守るために作られたものが、ベビーヘルメット。

ヘルメットと聞くと、プラスチックの固いものを想像するかもしれませんが、ベビーヘルメットは布製で、帽子の代わりのようなもの。

しっかりと頭を守りつつも、通気性もあるため、夏場の熱い時期でも安心して使用することが出来ます。

顎紐もついている商品もあるので、大きさは成長に合わせて、調節することが可能です。

③コーナーガード

転倒でいろいろな所にぶつけるとは思いますが、一番危ないのは、机。

机はとがっていたり、角があったりと、危険大のもの。

その角やとがりをなくすために、コーナーガードを使用しましょう。

メーター売りでも、安価で購入することが出来ます。

色も様々あるので、ご自宅にある机に合わせておけば、インテリアが崩れることなく、安全を高めることが可能です。

④セーフティーリュック

赤ちゃんの大事な頭や背中を守るためのリュック。

赤ちゃんにリュックを背負わせるだけで、転倒した時に守ってくれます。

頭の部分は真ん中に穴が開いているため、通気性があり、肌触りも良い素材のリュックになっています。

ぬいぐるみを背負っているようなもので、背負っている姿も可愛らしいですよ。

決して重い物ではないので、赤ちゃんの負担もありません。

⑤授乳クッション

一人で座れるようになってきた頃でも、やはり、まだおぼつかず、そのまま転倒してしまう恐れがあります。

その時には、授乳クッションを使用しましょう。

授乳クッションを赤ちゃんの周りに置くことで、良いクッションになり、床に頭や背中などをぶつけることがありません。

授乳が終わってからも活用していきましょう。

赤ちゃんの転倒対策におすすめのグッズまとめ

転倒は危険なことですが、事故としては多いのです。

赤ちゃんをしっかりと守るためにも、グッズを準備し、安全な環境を作りましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ