赤ちゃんに話しかける大切さと話しかけてる時に重要なこと | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

赤ちゃんに話しかけることは大切?

赤ちゃんは何も話さないし、話しかけなくても何もないと思ってはいませんか?

それは、間違いです!

赤ちゃんに話しかけることはとても大切です!

なぜ、大切なのかをしっかりとご説明いたします。

どうして、赤ちゃんに話しかけるの?

赤ちゃんに話しかける理由は、ずばり、愛情表現です。

ただ抱っこしていたり、オムツを替えたりとしていても、赤ちゃんに愛情が伝わるかというと、全く伝わってないわけではありませんが、足りないでしょう。

一言でも良いのです。

赤ちゃんに話しかけながら接することで、愛情を感じ、赤ちゃんも答えてくれます。

どう答えるかは、赤ちゃんによって、個人差はありますが、赤ちゃんもママやパパの真似をして声を出そうとしたり、表情が豊かになったりといろいろな成長の姿を見せてくれることでしょう。

何を話しかければ良いかわからないと思う方もいるかもしれませんが、そんなにぎこちなくならずとも、自然な会話で良いのです。

朝起きた時に「おはよう」

外を見て、「今日はお天気だね~太陽、出てるよ~」

ママがご飯を食べるとき「ママ、ご飯食べるから、ちょっと寝て待っててね」

など、ちょっとしたことで良いのです。

赤ちゃんはしっかりと聞いていますよ。

赤ちゃんは視力が生まれてすぐは完全に見えているわけではありませんが、しっかりと耳は聞こえています。

耳から聞いたことに対し反応して、ぼんやりと見える物を見て、情報を覚えていくのです。

ママだけではなく、もちろん、パパも話しかけることは大切なこと。

仕事に行くときには「行ってきます」

帰ってきたら「ただいま」

パパとお風呂に入る時「お風呂、パパと一緒に入るよ」

など、パパも気軽に話しかけていきましょう。

赤ちゃんに話しかけている時に重要なこと

話しかけるときには、笑顔が重要!

見えていないとは言っても、ぼんやりと徐々に見えてきます。

笑顔を見せることにより、赤ちゃんは、笑顔をママとパパから教えてもらうのです。

教えてもらうと、社会的微笑といい、赤ちゃんも笑うようになります。

赤ちゃんの笑顔は、日々、頑張っている家事や仕事の疲れを一気に吹っ飛ばすくらいの力がありますよ!

ぜひ、笑顔を忘れずに、赤ちゃんに接するようにしましょう。

赤ちゃんに話しかけることは大切まとめ

赤ちゃんからの反応がないと思い、何もしないでいると、反応もなく、笑顔もなくという赤ちゃんになってしまいます。

話しかけることや笑顔でいることなど、手をかければかけるほど、赤ちゃんは吸収して、必ず、返してきてくれます。

ママもパパも赤ちゃんと一緒に学び、成長していけるように、まずは、一言話しかけてみてください。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ