【口コミ体験談】いよいよ始まる離乳食。わが子が喜んだ味だと思ったら・・・あれっ?なんだか違う・・・? | 共働き、年子のママの為の子育て情報局aaaa

いよいよ始まる離乳食!

娘が6ヶ月になり、

「そろそろ、離乳食スタート!」

と、意気込んでいました。

5ヶ月に入った頃から、離乳食の本を購入し、隅から隅まできちんと読み込みました

うちの娘はどんな食べ物や味が好きなのかな~などと、想像して楽しんでいました。

先輩ママに話を聞いたり、保健センターで行われている離乳食セミナーに行ったりもしました。

実践の前にかなり知識を入れました。

6ヶ月になって、いよいよ離乳食のはじまりです。

まずは、10倍がゆを1さじから・・・とドキドキしながら小さいスプーンを娘の口元に持っていきました。

初めの一口は、

「食べた~!」

とスムーズだったのですが、娘は数日経つと口を開かなくなり

「いやだいやだと」

言わんばかりに目に涙をためてしまうようになってしまいました。

娘が喜んで食べたせんべいの味にしては・・・ちょっと違う??

困ったなと思いながらスーパーに行き、ベビーフードコーナーを見ていると目に入ってきた「あかちゃんせんべい」。

これは食べてくれそうだと早速購入し、娘にあげてみました。

すると、よっぽど美味しいのか、笑いながら食べているではありませんか!

最初なので、上手く食べられず、口の周りと手をベトベトにしながらも完食

鼻の辺りにもせんべいが付いていたので、手で取り、ペロッと舐めてみました。

すると、

「あれ?せんべいの味がしない。しょっぱいな・・・。」

そう、それは、せんべいではなく、娘の鼻くそだったのでした。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ