【子供大喜び】アレルゲンフリーのレトルトカレーが無添加で便利! | 共働き、年子のママの為の子育て情報局

アレルギーの子供でも、美味しく食べることができるアレルゲンフリーのカレーがあるってご存知ですか?

しかも美味しさや安全性にもこだわっていて、無添加となっています。

こんなカレーを探していました!

「九州逸」さんから発売されている

「アレルゲンフリーで作ったカレー」

を、げんざい子供のために利用しています!

特定原材料の7品目に加えて、

表示が推奨されている20品目を合わせて

合計27品目のアレルギー食材(アレルゲン)を使っていません。

それだけでなく、香料や着色料、化学調味料など添加物も使用されていないので

デリケートな小児アレルギーにはありがたい商品です。

 

化学調味料などを使っていないものの「味」に対してこだわっており、

ビーフエキスなどアレルゲン品目以外で最大限の「うまみ」を引き出しています。

大人の私が食べても素直に美味しい!

レトルトなのに、こんない美味しいの??

と、初めて食べたときには感動したのを覚えています。

なぜカレー??しかもレトルト??

アレルゲン不使用の食品は多数あるのに、なぜカレーにしたのか?

そしてレトルトカレーを選んだ理由は?

と、聞かれると率直に「子供が喜ぶから」とお答えします。

子供が、幼稚園やその他こどものイベントなどがあった際に、カレー振舞われる事が多いですよね。

そういった際に、アレルギー持ちの子は別メニューとなったり、何も食べれないという事も良くあります。

みんなでカレーをほおばっている時に、自分の子がアレルギーを持っているというだけで食べることができずに

一人寂しそうに見ている姿は、親として胸が痛くなりました。

こどもってカレーが大好きなんですよね。

いや大人だってカレーが好きな人多いですよね。

カレーの香りしか嗅いだことがない我が子を見て、

「きっとすごく美味しいんだろうな~」なんて考えてると思ったら涙が出てきてしまいました。

アレルギー食材を使わずにカレーを作った体験

「カレー食べてみたいけど、食べちゃダメなんでしょ?」

こんな事をある日突然聞かれました。

その時に私はハッ!!!としたのを覚えています。

「食べちゃダメなんじゃない。作ってあげればいいんだ」

そう思い立ち、子供が食べれない小麦や鶏肉などを入れないように作成しました。

幸い「アレルゲンフリーのカレー粉」というものもあるので、

それを買いアレルギー食材に細心の注意を払い何とか完成。

普通の料理の何倍も大変でしたが、子供の喜ぶ顔を見たいという一心で頑張りました!

「ママなにこれ??あんまり美味しくない・・・」

 

ガーーーーン!!!!!!!

 

すごいショックです。

子供というのは素直ですね(苦笑)

 

私がアレルギーに気を付けて作ったカレーは、子供にカレーだと認識されなかったようです。

私も味見をしてみると「多少のスパイスの香りがするお湯?」のような、とにかく旨味が圧倒的に足りません。

これは食べれる。これは食べれない。と選別から始まり、小麦を使わない方法でトロミを付けて

なんとか完成したカレーでしたが、もはやそれはカレーではなくなっていました。

そしてアレルゲンフリーのレトルトカレーに出会います。

「こどもにカレーを食べさせてあげたいけど、私には作れない」

そう、落ち込んでいた時に、アレルゲンフリーのレトルトカレーを見つけたのです!

私はレトルトカレーを今まで美味しいと感じた経験がなかったので、

私の作ったカレーと同レベルなのではないかという懸念はありましたが、

こどもにカレーを食べさせてあげるなら、もはやこの手しかない!

と、お試しに4つ購入

その日は、私も一緒に食べてみました。

レトルトなので、お湯で温めるか、お皿に出してレンジでチンするだけです。

レトルトでアレルゲンフリーで無添加で、、、

そんなカレーなんてまったく期待なんてできない!!

といった状態で、このカレーを子供と一緒にパクリ。

 

あれ?おいしーっ!普通のレトルトカレーなんかより全然おいしー!

 

アレルゲンフリーなので具材は入っていないのですが、旨味が強くマイルドで「こどもが大好きな味」に仕上がってます。私の口にも凄く合って、パクパクごはんが進んじゃいました。

一袋に入っているルーも多めに入っており、小さい子なら親と半分づつ、

年長さん位からは、一袋を豪快にかけて食べさせてあげるのも良いですね♪

実際に現在の息子に食べさせている方法のおはなし

現在は6歳になった息子は今でも「あのカレー食べたい!」と言います。

27品目のアレルゲン食品が入っていないレトルトカレーなのですが、

食べれる食材を入れて改良してあげることもできちゃいます。

うちの場合は豆や魚は大丈夫なので、

入れてあげることもあります。(あまり好きではないようですが笑)

このアレルゲンフリーのレトルトカレーの凄いところは、

なにも手を加えなくても、美味しいカレーに仕上がっているという点です。

レトルトカレーが元々好きではない私でも普通に美味しく食べれましたし。

なによりレトルトなので、使いやすい!

思い立ったら直ぐに使えちゃいます。

なのに無添加なので、こどもの成長や身体にも安心です!

 

こちらは、我が家で撮影したものです。

パッケージはこんな感じです。

アレルゲン27品目すべて記載されていますね。

注意点や栄養成分表、原材料などです。

上の方には調理方法も書いてあるので、参考にしましょう。

盛りつけてみました。具無しだとこんな感じです。

ちなみに具無しでも十分に美味しく食べることができました!

うちの子も大喜びでがっついております(笑)

アレルゲンフリーで作ったカレー(レトルト)の詳細

アレルゲンフリーカレーの特徴

 

27品目のアレルゲンとは?

アレルゲンとは、人によっては食べるとアレルギー症状をおこす可能性のある食品・原材料のことを指します。

2016年8月1日現在、国内で表示が義務付けられた特定原材料の7品目(卵、乳、小麦、落花生、えび、かに、そば)と表示が推奨されている20品目( あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、 まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン)の合わせて27品目があります。

 

※本製品には、27品目のアレルゲンは一切使用していませんが、同一のラインで「えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン」を使用して製造は行っています。

食物アレルギーがひどい方やショック症状を引き起こしたことがある方は、専門医にご相談の上お召し上がりください。

アレルゲンフリーカレーのこだわり

アレルゲンフリーカレーの品質管理

アレルゲンフリーカレーは、商品の性質上とてもデリケートな商品となるため、

品質管理にも細心の注意を払っているようですね。

アレルゲンフリーカレーによくある質問

アレルゲンとは何ですか
アレルゲンとは、人によって食べるとアレルギー症状を起こす可能性のある食品、原材料の事をさします。2016年8月1日現在、国内で表示が義務付けらた特定原材料の7品目(たまご、乳、小麦、落花生、えび、かに、そば)と、表示が推奨されている20品目(あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン)の計27品目です。
具は入ってますか?
アレルゲンフリーカレーには具を入れておりません。お好みに合わせて具材を追加してお召し上がりいただくことはもちろんですが、そのままでも美味しくお召し上がりいただけます。
保存方法を教えてください。
直射日光を避けて常温で保存してください。
アレルギーがひどいので心配です。
食物アレルギーがひどい方やショック症状を引き起こしたことがある方は、専門医にご相談の上お召し上がり下さい。
どんな味がしますか?
このカレーは、大人でもこどもでも食べられる味を求め、野菜の甘みを活かした「マイルドタイプ」に仕上げています。
内容量は?
1パック150gです。
賞味期限は?
パックの枠外右下部に記載されています。
配送方法は選べる?
配送先を指定してのギフトなどにも対応しています。配送希望時間帯も承ります。
支払方法は?
銀行振込、代金引換(一部対応)、クレジットカードです。
店舗などでも買える?
申し訳ございません。公式通販サイトでの販売となっています。

 

こちら、公式サイトより抜粋してまいりました。

ご参考になれば幸いです。

アレルゲンフリーカレーのお買い得情報や最安値は?

アレルゲンフリーカレーについて、店舗販売や

ネット通販大手サイトなどを調べました販売しておりませんでした。

公式通販サイトでは、注文数に応じて商品数がプラスされるサービスがあるのでそちらがお得です。

20袋を注文すると+2袋プレゼント

30袋を注文すると+3袋プレゼントとなっています。

なので、まとめ買いがお得ですね♪

最安値も公式サイトのまとめ買いが1袋あたりの最安値になると思います。

 

アレルゲンフリーカレーを使ったレシピ

アレルゲンフリーカレーを製作販売している会社の公式サイトに記載されている、アレルゲンフリーカレーを利用したおしゃれレシピを紹介します♪

カフェで出てくるようなおしゃれなレシピですね。

私も真似してみたいと思います♪

アレルゲンフリーカレーの口コミ・レビュー

私の実際食べてみての口コミレビューは先ほど書いた通りですが、他の方はどうでしょう?

まとめてみたので参考にしてみて下さい。

ママ1

アレルギーのあるエビやナッツ類を食べると口がかゆくなったり、身体にぶつぶつができてしまう子供の為に買ってみました。外食や市販のルーだともしかしたらがあるため、子供にカレーを食べさせてあげられないのですが、この商品なら安心して食べさせてあげられるので良い商品です。

ママ2

美味しい!こども用に買ったんですけど、私も食べたくなっちゃうので、最近はたくさんあって家族みんなで食べてます(*’▽’)

ママ3

アレルギーの可能性がある食品がほとんど入っていないのと、無添加無着色で子供にも安心です!ただ具材が入っていないのでちょっと寂しい場合は、プラスしてあげるといいと思いますよ!我が家では野菜をプラスしています。

ママ1

ちょっと価格が一般のレトルトカレーよりも高いですが、それもそのはず27種のアレルゲンフリーで、しかも添加物不使用。頻繁には使えませんが、子供が嬉しそうに食べているのでストックしています。

ママ2

有名な某メーカーにも類似商品がありましたが、あちらは添加物あり、7品目のアレルゲンフリーなのでやはり安心度が違いますね。そちらを食べれるのであればいいですが、味もこっちのほうがおいしいです。

ママ3

私も子供も小麦アレルギーなので、基本的にカレーは食べることができなかったのですが、この商品を見つけてからは二人でそろってカレーを食べることができるようになりました。カレーって美味しいねって子供に言われて我慢させていたのかな?と感じてます。

アレルゲンフリーカレー類似商品との比較

アレルゲンフリーカレー カレーの王子さま にしきや こどもカレー
商品画像
アレルゲンフリー品目 27品目 27品目 7品目
添加物の有無 無添加・無香料・無化学調味料 無化学調味料 無化学調味料
内容量 150g 70g 100g
1袋の価格 370円 119円 302円

カレーの大御所であるS&Bさんの子供用カレー「カレーの王子さま」にもアレルゲンフリーのカレーがありました。

こちらは、27品目フリーではありますが、それ以外の具材などが使われている点と、添加物も化学調味料以外は使われている点を考慮して、

他社の製品を見比べてみるといいですね。

また、内容量も70gと少な目なので、5歳くらいからは少し足りないかな?という印象です。

我が家でも利用したことがありますが、甘味が強くまさに「子供向けカレー」となっており、大人はあまり好まない味なのかな?という感じです。

 

にしきやのこどもカレーは、私は利用したことがありません。

7品目のアレルゲンフリーとなっているので、こちらの品目で大丈夫な方は利用できますが、こちらも添加物が化学調味料以外は入っているので、考慮が必要です。

 

アレルゲンフリーで作ったカレーは、価格が一番高価ではありますが、味や添加物の有無、アレルゲンフリー品目数においては問題がありません。

こどもも喜ぶ!アレルゲンフリーカレーまとめ

長くなってしまいましたが、アレルゲンフリーカレーの情報をまとめつつ

私が利用してみた口コミレビューを掲載しました。

小児アレルギーは、親にとっても子供にとっても大変な事ではありますが、

その大変さを子供にばかり背負わせたくないですよね。

みんなで食べている時に食べられない。

と、いうのは子供ながらにかなりの我慢が必要で、

対応をしていただいたり、ありがたいことも多いのですが、

自宅でとなると、どうしても手間がかかるため、なかなか毎回というわけにはいかなくなっていきます。

そんな時は、こういったアレルゲンフリーカレーなどを利用すると子供も喜ぶし、

親自身も気が楽になりますのでおススメさせていただきました。

 

こういった商品は「アレルギーが全くないお子様」「自分でしっかりアレルゲンフリー料理ができる」という親御さんには必要ありませんが、

  • こどもが好きな食べ物を食べれなくてかわいそう
  • こどもに好きなカレーをたべさせてあげたい
  • レトルトでも美味しいカレーを!
  • 安全性にこだわった食品が良い
  • 簡単にアレルゲンフリーの物を使いたい
  • こどもの喜ぶ顔が見たい
  • 親子でアレルギー体質だから、大人も美味しいと感じるカレー

こんな人たちには、必ずメリットがありますよ!

詳しくは、公式サイトでご確認くださいね。

↑公式サイトならまとめ買いでプレゼント付き↑

 


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

子育て情報局ホームへ