「子どものけが」の記事一覧

【私の育児体験談】子供のケガに慌てすぎ!? でも、それで気付いた・・・ママってすごいね

子どもと育児 先輩ママからメッセージ 幼児 子どもの事故 子どものけが

慌てすぎて・・・ 10ヶ月の娘をもつママです。 去年の春、待望の妊娠をしました! そして冬、初めての子供に恵まれました。 それは本当に嬉しかったです。 ママになるのも初めてですから、当然、おむつ交換だって、沐浴するのだっ・・・

意識がない、体が動かせない!けが・病気の子どもの体を運ぶときに注意すべきこと

子どもと育児 幼児 子どもの事故 子どもの病気 子どものけが 親の心構え

そっとしておいた方がいい場合もあります けがの程度が多い、どうも意識を失っているようだという場合ほど、動かしたり、何らかの働きかけをしたくなりますが、逆に、こういうときこそ動かさずにそっとしておいた方がいいケースも多いの・・・

【子どものねんざ・骨折】包帯やばんそうこう、そえ木の効果的な使い方

子どもと育児 幼児 子どものけが 親の心構え

ねんざや骨折などのときの応急処置  傷の治療の新しい考え方については既に触れましたが、「洗うだけ」「消毒しない」「乾かさない」の原則から、ガーゼはそう重要ではないと思われそうですが、 やはり最終的には止血には清潔な未使用・・・

【対処法・手当て】子どもが動物にかみつかれてしまったら?

子どもと育児 幼児 子どものけが 親の心構え

子どもにかみつく動物 注意をしている以上、幼稚園や保育園に動物が入り込んでくることはあまり考えられませんが、 ちょっとした散歩などの出先で、あるいはたまたま壊れていたフェンスから野犬や猫が入り込んできて、そういった犬や猫・・・

子どもののどに魚の小骨などが刺さってしまったとき

子どもと育児 幼児 子どもの事故 子どものけが 親の心構え

ごはんの丸のみは有効?俗説? 魚は体にいい食材ですから、ぜひ子どもには与えたいものですが、骨があるのが難点です。 大きなものは調理段階で取り除いたり、切り身で売られている場合はそもそもない場合もありますし、何より食べる本・・・

ページの先頭へ